瀬戸内寂聴 子ども時代の“洟たれ松っちゃん”と涙の思い出

2021/09/18 16:00

 半世紀ほど前に出会った99歳と85歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。

あわせて読みたい

  • “100歳”瀬戸内寂聴 横尾忠則に“相手にもされなかった”話を思い出す

    “100歳”瀬戸内寂聴 横尾忠則に“相手にもされなかった”話を思い出す

    週刊朝日

    3/8

    瀬戸内寂聴が「早く殺して!」と面会謝絶 横尾忠則に「死に顔を描いて」

    瀬戸内寂聴が「早く殺して!」と面会謝絶 横尾忠則に「死に顔を描いて」

    週刊朝日

    11/17

  • 瀬戸内寂聴「もしあの時死んでいたら」数え百歳に感慨

    瀬戸内寂聴「もしあの時死んでいたら」数え百歳に感慨

    週刊朝日

    7/4

    瀬戸内寂聴、百歳の変化「蝉の声も暑さも…。鈍感になるのでしょうか?」

    瀬戸内寂聴、百歳の変化「蝉の声も暑さも…。鈍感になるのでしょうか?」

    週刊朝日

    7/31

  • 瀬戸内寂聴「私が死んだら、この日記が…」 横尾忠則の著作を絶賛する理由

    瀬戸内寂聴「私が死んだら、この日記が…」 横尾忠則の著作を絶賛する理由

    週刊朝日

    10/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す