「入管がウィシュマさんを見殺しに」代理人弁護士が語る人命軽視、隠蔽体質

2021/09/10 08:00

 スリランカ国籍のウィシュマ・サンダマリさん(当時33)が、名古屋出入国在留管理局の施設で亡くなった問題は、わが国の入管体制のずさんさを浮き彫りにした。過去にも同種の事案が起きていながら、なぜ悲劇は繰り返されるのか。遺族側の代理人である指宿(いぶすき)昭一弁護士に聞いた。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す