"令和の姿三四郎"柔道73キロ級で大野将平が2連覇 目指した「古き良き柔道」とは?

東京五輪

2021/07/26 21:06

 東京五輪日本代表で「最も金メダルに近い男」と言われた柔道男子73キロ級の大野将平(29)が、前回のリオ大会に続き五輪2連覇を達成した。26日の決勝でラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)に勝利した。柔道男子の五輪連覇は、斉藤仁、野村忠宏、内柴正人に続いて4人目の快挙。試合後には会場となった日本武道館の天井を見上げ、静かに勝利の余韻に浸った。

あわせて読みたい

  • 【リオ五輪注目選手】「最低でも金」宣言! 男子柔道、復権を託すのはこの選手

    【リオ五輪注目選手】「最低でも金」宣言! 男子柔道、復権を託すのはこの選手

    dot.

    6/29

    阿部兄妹が試合直後に語った「感謝」の言葉、更なる成長を予感した2人の“人柄”

    阿部兄妹が試合直後に語った「感謝」の言葉、更なる成長を予感した2人の“人柄”

    dot.

    7/26

  • リオで復権なるか?日本柔道 「魔物などいない」と井上監督

    リオで復権なるか?日本柔道 「魔物などいない」と井上監督

    週刊朝日

    7/24

    EXILE THE SECOND、ファイナル公演初日に日本柔道界とステージ共演

    EXILE THE SECOND、ファイナル公演初日に日本柔道界とステージ共演

    Billboard JAPAN

    5/24

  • 大野将平、阿部詩、阿部一二三の敵は「金メダルを獲って当然」の重圧

    大野将平、阿部詩、阿部一二三の敵は「金メダルを獲って当然」の重圧

    dot.

    7/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す