大分と東京で9倍…CO2排出量で地域差 「脱炭素」で地方は疲弊?

2021/06/03 08:00

 脱炭素社会に向けた動きが本格化している。政府も2050年までに温室効果ガス排出量の「実質ゼロ」を打ち出した。実現には経済や社会の大転換が必要。負担となるのか好機となるのか。生き残りをかけた岐路に立つ。

あわせて読みたい

  • 温室効果ガス排出実質ゼロ実現へ 肉食もプラスチック製品も制限!?

    温室効果ガス排出実質ゼロ実現へ 肉食もプラスチック製品も制限!?

    AERA

    1/23

    株価にも影響する“脱炭素” 専門家は「早く取り組むほど損失減」

    株価にも影響する“脱炭素” 専門家は「早く取り組むほど損失減」

    週刊朝日

    6/4

  • CO2排出量が少ない市町村ランキング 意外、東京・小金井3位

    CO2排出量が少ない市町村ランキング 意外、東京・小金井3位

    週刊朝日

    9/2

    気候危機をどう防ぐ? 「パリ協定」スタートも足並みがそろわない理由

    気候危機をどう防ぐ? 「パリ協定」スタートも足並みがそろわない理由

    AERA

    2/29

  • “続コロナ時代”2021は「リセット元年」に 脱炭素、デジタル化はどうなる

    “続コロナ時代”2021は「リセット元年」に 脱炭素、デジタル化はどうなる

    週刊朝日

    1/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す