18歳京大生の死から学生運動が過激化 下重暁子が語る当時の衝撃

ときめきは前ぶれもなく

下重暁子

2021/05/14 07:00

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、「いまを生きる山崎博昭」。

あわせて読みたい

  • 高揚、憤懣、挫折、信念…当事者が語る「学生運動」の真実

    高揚、憤懣、挫折、信念…当事者が語る「学生運動」の真実

    週刊朝日

    4/12

    羽田、王子、新宿…新左翼運動の激戦地を巡る

    羽田、王子、新宿…新左翼運動の激戦地を巡る

    AERA

    7/17

  • 大阪都構想、面白いかもしれない 作家・下重暁子は文化の面から考えてみた
    筆者の顔写真

    下重暁子

    大阪都構想、面白いかもしれない 作家・下重暁子は文化の面から考えてみた

    週刊朝日

    10/23

    「死ぬ時は死ぬがよろし」 作家・下重暁子の心がけ
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「死ぬ時は死ぬがよろし」 作家・下重暁子の心がけ

    週刊朝日

    2/5

  • 「五郎丸選手を早大時代から見ている」作家・下重暁子のラグビー自慢
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「五郎丸選手を早大時代から見ている」作家・下重暁子のラグビー自慢

    週刊朝日

    11/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す