Hey! Say! JUMP有岡大貴「女心には疎いかもしれない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Hey! Say! JUMP有岡大貴「女心には疎いかもしれない」

週刊朝日
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

 Hey! Say! JUMPの有岡大貴が今春、日本テレビ系の深夜ドラマ「探偵☆星鴨」で、ドラマ単独初主演を果たす。演じるのは、不器用で女性にタジタジな探偵役。一方、自身も女心に疎かったり、過去に銭湯で「尾行」に挑戦したりと、役と重なる意外な一面もあるようで……。

【写真】有岡大貴さんが飾った週刊朝日の表紙はこちら

*  *  *
──作品は、主人公の星鴨(ほしかも)が様々な依頼に振り回されながらも事件を解決していく、ドタバタ劇です。

 けっこうタイトなスケジュールで撮影したんですけど、笑いの絶えない現場でした。スタッフさんが、何度も台本を読んで撮影現場も見ているのに、編集中にまた笑いながら作業しているみたいで。この作品の雰囲気の良さを表す、一番うれしい話です。

 単独初主演が決まってもちろんうれしかったですけど、大好きな劇団であるヨーロッパ企画さんが脚本を担当してくださったことがなによりうれしくて。僕自身コメディーが好きで、コミカルでハートフルなヨーロッパ企画さんの舞台の大ファンなんです。実際に何度か劇場に足を運んできました。ずっと一緒にお仕事をしてみたいと思ってたので、夢が叶いました。主演だからと気負わず自然体で臨めたのは、作品性のおかげもあったと思います。

 主人公の星くんは、めちゃくちゃ素直なんです。探偵って疑うお仕事だと思うんですけど、依頼者をふくめ捜査に関係する周りの人たちのことを信じてるというか。だからこそ、最終的にはみんなが笑顔になれる。素敵なキャラクターです。

──一方、「女性との距離をうまく取れない」という設定も。目も3秒以上合わせられないようですが、共感する部分は?

 星くんほどではないですけど、女心には疎いかもしれないです。メイクとか髪形の変化に、パッと気づくタイプではないので……。

──さすがに目を合わせられないなんてことはないのでは?

 いやあ、経験はないですけど、状況によってはあり得るかもしれないです(笑)。

──ドラマの中では登場人物たちが面白おかしく日常を繰り広げますが、現在はコロナ禍の真っただ中です。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい