美輪明宏の美少年時代 三島由紀夫に「君の短所は俺にほれないこと」と言われる

2021/03/02 11:32

 1922年に創刊し、戦時中も刊行してきた「週刊朝日」。美輪明宏さんも本誌と同じく、戦争を体験し、激動の時代を生き抜いてきました。「ヨイトマケの唄」や「亡霊達の行進」など、世界への疑問や意見を歌ってきた美輪さんがこれまでを振り返ります。

あわせて読みたい

  • 美輪明宏の「美少年伝説」 三島由紀夫が思わず吐いた言葉とは?

    美輪明宏の「美少年伝説」 三島由紀夫が思わず吐いた言葉とは?

    BOOKSTAND

    7/18

    美輪明宏「悪口を言う人間は…」 紅白歌唱でネット批判「キモい」に持論

    美輪明宏「悪口を言う人間は…」 紅白歌唱でネット批判「キモい」に持論

    週刊朝日

    2/15

  • 美輪明宏「さすがに体力的にも無理じゃないかと」脳梗塞後の変化

    美輪明宏「さすがに体力的にも無理じゃないかと」脳梗塞後の変化

    週刊朝日

    2/15

    亡き李香蘭と美輪明宏 二人を繋いだあの作家の「自決」

    亡き李香蘭と美輪明宏 二人を繋いだあの作家の「自決」

    週刊朝日

    9/30

  • 自決直前、薔薇の花束を抱えて現れた三島由紀夫に美輪明宏さんが聞けなかった「遺言」 【没後50年】

    自決直前、薔薇の花束を抱えて現れた三島由紀夫に美輪明宏さんが聞けなかった「遺言」 【没後50年】

    週刊朝日

    11/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す