【家つまみ】挽き肉を使わない「豚バラハンバーグ」がうまーい 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】挽き肉を使わない「豚バラハンバーグ」がうまーい

連載「家つまみでひとやすみ」

黒田民子週刊朝日#黒田民子
れんこん入り豚バラハンバーグ  (撮影/写真部・松永卓也)

れんこん入り豚バラハンバーグ  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】豚バラ肉は冷凍して硬くなった状態のほうが細かくミンチ状にしやすい。(左) ソースはハンバーグを焼いたフライパンに調味料を入れ、煮詰めて仕上げる。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】豚バラ肉は冷凍して硬くなった状態のほうが細かくミンチ状にしやすい。(左) ソースはハンバーグを焼いたフライパンに調味料を入れ、煮詰めて仕上げる。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「れんこん入り豚バラハンバーグ」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 洋食屋さんの人気メニュー「ハンバーグ」。ご家庭で作ってみませんか? 挽き肉と玉ネギで作るのが一般的ですが、ちょっと黒田流にアレンジ。豚バラ肉にれんこんなど根菜を合わせると、ひと味違ったおいしさに出会えます。

 豚肉は格子状に切り、包丁でトントンたたいて細かくします。冷凍すると切りやすいですよ。野菜は皮をむいてゆで、粗みじん切りに。ボウルに肉と野菜、調味料を入れ、手でよく練り合わせます。味噌は塩の代わりになってコクが出ますし、マヨネーズを使うとしっとりとやわらかく仕上がります。

 タネを4等分にしたら手でたたいてよく空気を抜き、火が通りやすいように中央をくぼませましょう。先にくぼんだ面を下にして焼き始め、中火で両面焼いてください。

 うまみを含んだ焼き汁は捨てずにそのままソースに活用! バルサミコ酢は酸味が強いので、混ぜながら煮詰めてください。野菜たっぷりのジューシーな豚バラハンバーグに甘酸っぱいソースがよく合います。蒸し野菜を添えてどうぞ。

(構成/沖村かなみ)

■れんこん入り豚バラハンバーグ
【材料】(2人分)豚バラ肉200g、れんこん・にんじん各20g、ブロッコリーの茎25g、味噌・マヨネーズ・ケチャップ各大さじ1、バルサミコ酢・ハチミツ各大さじ3、サラダ油適量、黒胡椒少々

【作り方】(1)豚バラ肉は細かくミンチ状に切る。野菜は皮をむいてゆで、粗みじん切りにする。(2)ボウルに(1)と味噌、マヨネーズ、黒胡椒を加えてよく練り合わせる。4等分にして小判形にまとめる。(3)フライパンにサラダ油を熱し、中火で(2)の中心に火が通るまで両面焼いて取り出す。(4)(3)のフライパンにケチャップ、バルサミコ酢、ハチミツを加えて煮詰める。仕上げに黒胡椒をふる。(5)皿にハンバーグを盛り、ソースをかける。

【ワンポイントアドバイス】豚バラ肉は冷凍して硬くなった状態のほうが細かくミンチ状にしやすい。ソースはハンバーグを焼いたフライパンに調味料を入れ、煮詰めて仕上げる。

週刊朝日  2021年3月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい