【家つまみ】香ばしさ抜群「じゃがいもとチーズのひとくちガレット」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】香ばしさ抜群「じゃがいもとチーズのひとくちガレット」

連載「家つまみでひとやすみ」

黒田民子週刊朝日#グルメ#黒田民子
じゃがいもとチーズのひとくちガレット  (撮影/写真部・松永卓也)

じゃがいもとチーズのひとくちガレット  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】塩をふった千切りのじゃがいもは、水気を拭き取ることでカリッと焼き上がる。(左) ボウルで混ぜ合わせた材料は、細長く小分けにして焼くと食べやすい。 (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】塩をふった千切りのじゃがいもは、水気を拭き取ることでカリッと焼き上がる。(左) ボウルで混ぜ合わせた材料は、細長く小分けにして焼くと食べやすい。 (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は、「じゃがいもとチーズのひとくちガレット」。

【作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 節分を迎えました。春の訪れが待ち遠しいですね。自宅時間が増えるなか、家つまみを充実させて楽しみましょう。じゃがいもにチーズとベーコンを合わせた、ひとくちサイズのガレットはいかがでしょうか?

 じゃがいもは千切りにして、クッキングペーパーの上に広げて塩をふります。しばらく置くと水分が出てくるので、ペーパーで上からしっかりと押さえて拭き取ってください。水気を含んだままだとうまく焼けないのです。

 このじゃがいもをベーコンの千切り、細かくカットされたピザ用チーズとともにボウルに入れ、黒胡椒をふって混ぜ合わせます。あとはサラダ油をひいたフライパンで焼くだけ。

 今回は食べやすいように細長い形にして焼きましたが、お好きな形でどうぞ。火加減が強いと、じゃがいもに火が入る前にチーズが焦げてしまうので、弱火でじっくり焼いてくださいね。黒胡椒がきいたカリッとした香ばしさに思わずお酒がすすみますよ。

■じゃがいもとチーズのひとくちガレット
【材料】(2人分) じゃがいも1個、ベーコン30g、ピザ用チーズ30g、ネギ適量、塩小さじ1/4、黒胡椒少々、サラダ油適量

【作り方】(1)じゃがいもは皮をむいて千切りにし、クッキングペーパーの上に広げて塩をふって数分置く。(2)ベーコンは千切りにする。(1)のじゃがいもの水気をペーパーで押さえて拭き取る。(3)ボウルにベーコンとじゃがいも、ピザ用チーズを入れ、黒胡椒をふってよく混ぜ合わせる。(4)フライパンでサラダ油を熱し、(3)を食べやすい大きさに小分けにしてのせ、両面に焼き色を付ける。(5)皿に盛り付け、刻んだネギを添える。

【ワンポイントアドバイス】塩をふった千切りのじゃがいもは、水気を拭き取ることでカリッと焼き上がる。ボウルで混ぜ合わせた材料は、細長く小分けにして焼くと食べやすい。

週刊朝日  2021年2月12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい