「〇時〇分になります」伊丹十三さんが私に過酷な仕事を命じた理由 作家・下重暁子

ときめきは前ぶれもなく

下重暁子

2021/01/15 07:00

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、「時刻」が持つ意味について。

あわせて読みたい

  • 星野源さん 伊丹十三賞受賞スピーチで「さみしい思いしていた」こと明かす

    星野源さん 伊丹十三賞受賞スピーチで「さみしい思いしていた」こと明かす

    AERA

    4/18

    下重暁子がオリンピック開催に「無力感と落胆。興味も薄れた」
    筆者の顔写真

    下重暁子

    下重暁子がオリンピック開催に「無力感と落胆。興味も薄れた」

    週刊朝日

    7/2

  • 年末年始に出かけない人の方が楽しい理由 作家・下重暁子が語る
    筆者の顔写真

    下重暁子

    年末年始に出かけない人の方が楽しい理由 作家・下重暁子が語る

    週刊朝日

    1/10

    星野源「第9回伊丹十三賞」を受賞、「エンターテイナーとして驚くような風穴をあけてしまった」

    星野源「第9回伊丹十三賞」を受賞、「エンターテイナーとして驚くような風穴をあけてしまった」

    Billboard JAPAN

    3/28

  • 津田寛治 父の死を見届けた医師の涙…医師役で中2の頃を振り返る

    津田寛治 父の死を見届けた医師の涙…医師役で中2の頃を振り返る

    週刊朝日

    2/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す