小室圭さんの沈黙に宮内庁長官が2度目の“苦言” 年末帰国や動画説明も?  (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小室圭さんの沈黙に宮内庁長官が2度目の“苦言” 年末帰国や動画説明も? 

永井貴子週刊朝日
眞子さまと小室圭さん(C)朝日新聞社

眞子さまと小室圭さん(C)朝日新聞社

 期末試験は、12月15日に終わった。大学も24日から冬の休暇に入った。新学期の授業開始は1月19日と、一カ月弱の時間がある。

 しばらく、「小室さん年末に帰国説」も流れていたが、コロナ禍では日本に帰国しても2週間の自主隔離期間があり、帰国しての記者会見を行うのは、ハードルが高そうだ。

 小室さんが弁護士を通じて、金銭問題は「解決済み」という文書を公表したのが19年1月22日だ。

「となれば、この休暇中に、弁護士とのやり取りを経て、年末ギリギリのタイミングか年明け早々にふたたび文書を出す。これが予想される最低ラインの対応です。しかし、前回と同じ文書公表では、国民は納得しないでしょう」(別の皇室記者)

 質疑応答のない録画した動画メッセージを公表という手段もある。

 果たして秋篠宮さまと長官からの宿題に、小室さんはどう答えるのか。
(本誌 永井貴子)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい