King & Princeの岸優太&神宮寺勇太の魅力は? 堂本光一が語る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

King & Princeの岸優太&神宮寺勇太の魅力は? 堂本光一が語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日
週刊朝日2021年1月1-8日号の表紙に登場した_KinKi Kids

週刊朝日2021年1月1-8日号の表紙に登場した_KinKi Kids

 故ジャニー喜多川さんが作・構成・演出を手がけ2004年以来、歴代のジャニーズアイドルが出演してきた舞台「DREAM BOYS」が来年1月27日まで、東京・帝国劇場で絶賛上演中だ。同作は、昨年から主演に岸優太、そしてライバル役に神宮寺勇太(ともにKing & Prince)を迎え好評を博している。コロナ禍の中で幕を開ける思い、舞台を作り上げる過程について、岸、神宮寺、そして演出の堂本光一の3人がたっぷり語った。

【岸優太さんと神宮寺勇太さんが飾った週刊朝日の表紙はこちら】


──作品作りはどうだったか。

堂本:去年ジャニーさんが倒れて、急きょ演出として作品作りに加わることになりました。「DREAM BOYS」は毎年いろんな子が演じてきて、年々変わってきた作品。台本をまとめる中で、僕なりに作品の鍵になると感じたのが、「やがて来る未来を今よりもいいものにするんだ」というセリフ。今年はコロナ禍で、派手な演出がかなり制限される。派手に飾られた部分だけじゃなくて、二人が持つ役者としてのいい部分をしっかり引き出してあげたいと考えました。

岸:本当に、光一君には頭が上がらないんです。光一君も時間がない中で、僕たちより早く稽古場に来て、遅くまでいてくれたり。これまで僕らは、独学というか感覚でやってきた部分があって、直接誰かに教えてもらうことってあまりなかった。だからこうして教えていただける環境って、本当に貴重な経験だったんです。

神宮寺:去年は稽古中、光一君が何度も夜遅くまで付き合ってくれたからこそ、のびのびとパフォーマンスに集中することができました。演出はもちろん、僕たちの体にセリフが染み込むまで、ラストシーンを何度も反復練習してくれたのがすごく印象に残っています。

堂本:僕が見てきた後輩の中でも、二人はすごく努力する。たぶん二人とも違う努力の仕方だと思うけど、岸は「あそこができてないから、もうちょっと練習しときな」って言うと、延々と同じところを練習してる(笑)。それができるってすごい強みなんだよね。言っても、やらない子もいるから。稽古場で全部さらけ出して、かっこつけようとしないところが魅力だね。神宮寺は、去年がほとんど初めまして状態だったけど、すごく器用な印象を持った。演出する側からすると、いろんなことをさせたいなと思える。神宮寺は、岸を見て、「じゃあ自分はどうしようかな」と思ってるところない?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい