瀬戸内寂聴が「早く殺して!」と面会謝絶 横尾忠則に「死に顔を描いて」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瀬戸内寂聴が「早く殺して!」と面会謝絶 横尾忠則に「死に顔を描いて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

 半世紀ほど前に出会った98歳と84歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。

【横尾忠則さんの写真はこちら】

*  *  *
■横尾忠則「自画像描けば元の美人に戻ります」

 セトウチさんへ

 2週お留守で、その間、まなほ君が二打席連続代打ヒットを放ちました。セトウチさんの顔面強打は彼女から「目の上に大きなたんこぶ、瞼(まぶた)は赤黒く腫れて」とは聞いていましたが見るまではわからないので、ぜひ写真をと言って送ってくれたのがコレ!

「ヒェーッ! これセトウチさん? ウソだろう。人間というより野菜、腐ったじゃが芋だよ。フェイク写真じゃないの?」

 ボッス、ブリューゲル、アルチンボルドだってここまでの怪醜人間は描きません。熱狂的なセトウチ信者にぜひお見せしたい。そして魔除(まよ)けのお札として携帯していただきたい。セトウチさんからの手紙では「お岩を怒らせた」そのお顔は「ヨコオさんの妖怪の絵になりました」だって。でも写真の通り描けば、祟(たた)られそうです。

 以前、「少年マガジン」の雑誌の表紙にお岩さんの絵をデザインしました。四谷の神社にお参りしなかったために、妻の右目は毒虫に刺されたように腫上(はれあが)り、僕は撮影中に大きい鏡が突風で空中に舞い上(あが)り、それが僕を目掛けて落下して、右目の瞼を切って、鏡に映った自分の顔は血だらけ。実話です。だから、今後セトウチさんの肖像を描くようなことがありますと、ちゃんと、寂庵なり、天台寺なりにお参りをしてお祓(はら)いを受けなければ描けません。

 それにしても、僕も同じようによくころびます。僕はここ数年間に家の中で二度ころんで最初は左足の親指の骨折、それが完治しないまま、次も家の中ですべってころんで右足の下駄骨折です(下駄を履いて、くねって起こる骨折)。セトウチさんのころびも家の中、専門ですよね。僕と違うところは、僕は足専門、セトウチさんは顔専門です。セトウチさんが頭からころぶのは脳味噌(みそ)が頭につまっているので、起き上(あが)りこぼしみたいに頭からです。僕は画家で頭は空っぽだから頭は大丈夫です。画家は小説家のように頭は使いません。画家は肉体派なので行動主義、つまり足をよく使います。そう考えると、ケガや病気はその職業と無縁ではありません。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい