三浦春馬さんの恩師が明かす「18通の未公開LINE」 竹内結子さんと接点も…  (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三浦春馬さんの恩師が明かす「18通の未公開LINE」 竹内結子さんと接点も… 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
三浦春馬さん(卯都木さん提供)

三浦春馬さん(卯都木さん提供)

「春馬の自殺をきっかけに、俳優さんが次々に自殺していくなんて、何かこの世のものではない力が加わったとしか考えられない。死を選択せざるを得ないというような、見えない力が働くのかとも思えます」

【独自入手】サーフィンを楽しむ美し過ぎる三浦春馬さん(5枚)

 こう話すのは、7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さんが趣味としていたサーフィンの師匠で「茨城元気計画」代表の卯都木睦(うつぎあつし)さん。春馬さんが14歳の時から16年間の親交があり、普段からLINEなどで親しくやりとりする間柄だった。9月27日に女優の竹内結子さんが亡くなった報道を受けて、悲痛な胸の内を語った。

 春馬さんと竹内結子さんは、今年7月に公開された映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」で共演していた。前作の「ロマンス編」でも共演し、メイキング映像で春馬さんと竹内さんがアイスクリームを楽しむシーンが反響を呼んでいる。

「竹内さんはいい女優さんだし、春馬とは育った境遇が似ている面もあったから、意気投合したんだと思いますよ。それがこんなことになるなんて。時を戻せるならば戻したい」(卯都木さん)

 卯都木さんが懐かしむのは、春馬さんと心置きなくサーフィンを楽しんだ昨年の夏の思い出だ。昨年6月8日のLINEには、春馬さんからのこんなメッセージが残されている。

<今年の夏はバンバン海行けそう! 焼けてもいいから>(春馬さん)

 この頃、春馬さんは主演ドラマ「TWO WEEKS」(フジテレビ系)でのロケを控えていたが、逃亡者の役柄だったため、「日焼けしてもちょうどいいくらい」だと言っていた。サーファーにとって第2の肌と言われるウェットスーツ。卯都木さんは「2ミリの薄さのスーツをプレゼントするから、色を決めておいて」とメッセージした。

 春馬さんは、お気に入りのスーツが見つかったようだった。

<お疲れ様です! 大人の上半身だけのウェットスーツあった!!! キッズタイプのやつじゃなく、これがいいです。これ黒です。ブラックラバーって書いてある!>(春馬さん)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい