最期は絵描きに? 瀬戸内寂聴「うんざりしてきましたよ、この世!」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最期は絵描きに? 瀬戸内寂聴「うんざりしてきましたよ、この世!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

 半世紀ほど前に出会った98歳と84歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。

【横尾忠則さんの写真はこちら】
*  *  *
■横尾忠則「夢のごときセトウチさん延命作戦あり」

 セトウチさん

 長生きされているセトウチさんにさらに延命してもらおうと頭をひねりました。身体をチューブでぐるぐる巻きの延命装置ではありません。今の小説家を引退して、画家宣言をするのです。小説家で長生きしたってせいぜい野上弥生子さんの99歳じゃないですか。画家は小倉遊亀さんの105歳を筆頭に片岡球子さんは103歳、ぞろりといます。美術家篠田桃紅さんは現役で107歳ですよ。びっくりでしょう。

 なぜ画家が長生きかというと、小説家と違ってストレスがないのです。人間は頭を使い過ぎて短命になったのです。もう小説家としてのセトウチさんはやること全部やって来られました。今度は小説のエネルギーを絵に向けて下さい。絵は宇宙のエネルギーを点滴にしていますから、頭を使わなくっても、お筆先になるだけで、どんどん描けちゃうんです。宇宙がお手伝いしますが、頭主導の人には宇宙は介在したくても、介在できないのです。

 セトウチさんが画家宣言すると、肉体がガラリとメタモルフォーゼ(変身)して、見違えるほど元気になります。肩や腰は筆一本が治してくれます。そして天からミューズ神(美神)が舞い降りてきます。小説のように、ややこしいこと考えなくていいのです。肉体そのものが脳化するのです。そして指先の筆に脳が宿るんです。どうです、小説より面白そうでしょう。

 セトウチさんの長寿はセトウチさんの努力の結果ですが、画家に転向すると、努力をするのはミューズ神です。ミューズ神にセトウチさんは身体を預けてしまうだけでいいのです。ミューズ神のお筆先になればいいのです。すると宇宙に遍在する創造エネルギーが降臨して、宇宙が描きたい絵を人間セトウチさんを道具として描くことになります。余計な頭を使ったり努力する必要はないのです。すべて神と運命におまかせするのです。それが絵では可能なんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい