角川春樹78歳、子どもは7歳、ボクシングは週2 超人的能力に「俺は一体何者なんだ」

林真理子

2020/07/18 11:30

林:ところで社長、体形がスリムで、ぜんぜんお太りにならないですね。鍛えてらっしゃるんですか。

角川:週2回ボクシングに行ってるんだけど、今も私がいちばんラウンド数が多いんだよね。一時は50ラウンドを2度超えたりして、4時間戦ってるとかね。

林:前の奥さまとのお孫さんもいらっしゃって、そして7歳のお子さんもいらっしゃるわけでしょう。昔からびっくりしっぱなしですよ(笑)。老いを感じたことはありませんか。

角川:ない。ボクシングジムに行っても、自分がいちばんスタミナがあって体力もあって、そういう点ではみんなに尊敬されてしまってる。一時は剣術に行ったんだよね。2・5キロの木剣を3万3100回振るわけ。

林:月にですか。

角川:いや、一日に。トイレに行くのとごはんを食べる以外は振りっ放しなんだ。3万3100回振るなんて、人間としてあり得ないんだよ。だから過去の剣術家と戦ったとしても負けるとは思えないし、いま現役の剣術家とか剣道家と戦って、負けるとはまったく思わないね。日本で最強の剣術家だと思う。

林:ゴルフとか、ふつうの趣味は持たないんですか。

角川:趣味はないというか、俳句が自分の職業でもあるんでね。

林:句集『信長の首』ですごい賞をおとりになったんですよね(芸術選奨文部大臣新人賞、俳人協会新人賞)。

角川:あのあとも賞をとり続けた。俳句は生涯できるんでね。今回は「天高し詩歌に映画に身を尽くす」という句が、映画のクランクアップの日に降りてきて、自分は映画と詩歌は生涯続けるんだなと思ったね。大林さんが亡くなったと聞いてすぐできた句があって、4月10日に亡くなったので、「監督の椅子に君なき四月かな」という句をつくった。もう一つは「龍天に昇る映画といふ麻薬」。

林:ほォ~、麻薬ですか。

角川:映画とか小説は、私にとって麻薬だと思ってる。そこから離れられないというか。

林:私も、書くのは楽しくて、これがないと生きていけなかったなと思います。

角川:すごいと思う。君が『西郷どん!』を書いたときに、まさか君が時代小説を書くとは思ってなかったんだよ。読んでみてさらにびっくりした。相当の力があるなと思った。

林:ありがとうございます。おかげさまで歴史時代作家クラブ賞をいただきました。

角川:最近私は、子どものことを詠んでる句が多いんだよね。「鴉の子」というのは春から夏にかけての季語なんだけど、今回、林君の『ルンルンを買っておうちに帰ろう』を子どもの句にくっつけたわけ。「ルンルンを買って七つの鴉の子」という。子どもが7歳だから。

1 2 3 4 5

あわせて読みたい

  • 原田知世と松本穂香の共通点とは? 映画「みをつくし料理帖」裏話

    原田知世と松本穂香の共通点とは? 映画「みをつくし料理帖」裏話

    週刊朝日

    7/18

    離婚直後に杏が向かった「実父」の別荘 「二人の父」に見せた杏の家族愛

    離婚直後に杏が向かった「実父」の別荘 「二人の父」に見せた杏の家族愛

    dot.

    8/7

  • 現場では「もっと舌入れろ」だったのに 園子温監督が目を背ける妻出演シーン

    現場では「もっと舌入れろ」だったのに 園子温監督が目を背ける妻出演シーン

    週刊朝日

    7/16

    松本穂香「私よりもっと可愛い子がたくさんいた」高校時代の思い出

    松本穂香「私よりもっと可愛い子がたくさんいた」高校時代の思い出

    週刊朝日

    11/18

  • 角川春樹「勝たなければ明日はない」 レジェンド“最後”の作品に表れた意外な本質とは

    角川春樹「勝たなければ明日はない」 レジェンド“最後”の作品に表れた意外な本質とは

    AERA

    10/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す