消える文化センター、ブーム去ってコロナ禍で。作家・下重暁子の憂い

ときめきは前ぶれもなく

下重暁子

2020/07/03 07:00

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、新型コロナウイルスの影響で失われていく「文化」について。

あわせて読みたい

  • LINEで“実に優雅な遊び”を 下重暁子が語るコロナ禍の句会事情
    筆者の顔写真

    下重暁子

    LINEで“実に優雅な遊び”を 下重暁子が語るコロナ禍の句会事情

    週刊朝日

    6/11

    黒柳徹子や渥美清もメンバー 40年以上続く句会について作家・下重暁子が語る
    筆者の顔写真

    下重暁子

    黒柳徹子や渥美清もメンバー 40年以上続く句会について作家・下重暁子が語る

    週刊朝日

    1/24

  • 難病を克服した者同士が再会 作家・下重暁子が感じた「生」
    筆者の顔写真

    下重暁子

    難病を克服した者同士が再会 作家・下重暁子が感じた「生」

    週刊朝日

    9/24

    「家族だから」はまやかし? 身内のトラブルを減らすには

    「家族だから」はまやかし? 身内のトラブルを減らすには

    BOOKSTAND

    7/16

  • 「死に方は生き方である」明治生まれの母が遺したもの 作家・下重暁子
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「死に方は生き方である」明治生まれの母が遺したもの 作家・下重暁子

    週刊朝日

    3/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す