「真面目も行き過ぎると…」作家・下重暁子が感じたコロナ対策の矛盾

ときめきは前ぶれもなく

下重暁子

2020/05/29 07:00

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、緊急事態宣言が解除に向かったとき、あぶり出されたコロナ対策の問題点について。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す