「懲戒免職でもおかしくない」検察庁先輩の忠告を聞かなかった黒川元検事長の自業自得 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「懲戒免職でもおかしくない」検察庁先輩の忠告を聞かなかった黒川元検事長の自業自得

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
辞職した黒川弘務前東京高検検事長(C) 朝日新聞社

辞職した黒川弘務前東京高検検事長(C) 朝日新聞社

黒川弘務前東京高検検事長と後任となった林真琴・名古屋高検検事長(C)朝日新聞社 

黒川弘務前東京高検検事長と後任となった林真琴・名古屋高検検事長(C)朝日新聞社 

 この検察OBによると、何人もの検察庁関係者が黒川氏に「政治と近づきすぎるな、もう辞めろ」と進言していたという。

 しかし、黒川氏は苦笑いして「(安倍政権が)辞めさせてくれない」「他に人がいないそうです」と語っていたという。

「それを聞いて、検察という仕事が何か、もう忘れたのかと思った。黒川の賭け麻雀は立件しないとダメ。特別扱いするとますます世論の批判を浴びる。稲田検事総長の最後の仕事は、河井夫妻事件の立件と黒川の麻雀賭博のケジメでしょう。訓告なんて処分はふざけている。なぜ、こんな早く処分が出たのか不思議だ」(同前)

 このまま幕引きでは世間が納得しないだろう。(今西憲之)


※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい