糠床が可愛い? 春風亭一之輔が自粛で愛でる“意外なモノ” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

糠床が可愛い? 春風亭一之輔が自粛で愛でる“意外なモノ”

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は「解除」。

【この記事の画像の続きはこちら】

*  *  *
八五郎「『緊急事態宣言』、やっぱり解除になりませんでしたね、ご隠居さん」

隠居「あー、気長に待つしかないだろうよ」

八「隠居さんはいいですよ。そうやって家ん中でボンヤリお茶飲んでりゃ一日終わっちゃうんだから」

隠「失礼な。私だってやることが山のようにある」

八「差し当たり今やらなきゃいけないことって?」

隠「あのね……私、金曜の朝にラジオやってんだけどさ。ラジオショッピングのコーナーがあって、そこで取り上げる商品が毎回自宅に送られてくるわけよ。で、このご時世だから冷凍食品が多いのに、こないだ来たのは『カンタンに出来る糠床セット』。……胸躍らないよね、糠床」

八「タダでもらっといて失礼だな」

隠「めんどくさそうじゃない? でさ、しばらく部屋の片隅に置いといたんだよ。『誰がそんなもんやるかよ』って。『糠のくせにオレに作ってもらおうってのが図々しいよ』って放置しといたの。それから5日くらい経ったらさ、本当にやることなくなってきてさ」

八「落語の稽古とかすれば?」

隠「しないねー。平常時もしないけど、アホみたいに時間あると尚更しない。オレはぶれないね!」

八「威張るなよ」

隠「ふと糠床セットに目をやると『あたしを、貴方のその手で、作って、みる?』って誘ってきたんだよ、このオレを!……じゃあ、そこまで言うならさ……ま、騙されたと思って……」

八「手を出したと? どうでした?」

隠「メッチャ可愛いっ!! 毎日2回、かき回して……否、かき回させて頂いておりますっ!! 今、糠床育て中! もう我が家は糠床旅情で、小牧ヌカで、ジミー・スヌーカ! ヌカパラダイスオーケストラっ!!」

八「なんだかよくわかんないけどよかったね……」

隠「あとは虫だね。部屋の鉢植えに5ミリくらいのイモムシが2匹居たんだよ。黒くてちっちゃいのがピコピコ動いてて可愛いんだわ」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい