増加する小説の「マンガ表紙」 直木賞作家が「いかがなものか」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

増加する小説の「マンガ表紙」 直木賞作家が「いかがなものか」

連載「出たとこ勝負」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒川博行週刊朝日#黒川博行
黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

 ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は最近増えているマンガ表紙の文芸書について。

*  *  *
 コロナウイルス禍。テニスコートも閉鎖されて、出かけるところがほとんどなくなった。よめはんと行く近所のスーパー、ホームセンター、馴染(なじ)みの料理店、書店、レンタルビデオショップ……。ご近所の狭いエリアをぐるぐるまわっている。この一カ月、大阪市内に出たこともない。

 暇か。退屈か──。それがけっこう忙しい。昼ごろに起きて、オカメインコのマキと階下に降り、皿いっぱいのサラダと、昨日の残りのおかずと、少しのご飯や麺類を食い、リンゴやイチゴといった果物を食ったあと、マキを肩にのせて皿を洗いながら、湯を沸かしてコーヒー豆を挽(ひ)く。マキは豆を挽くガーッという音真似(まね)が好きだ。

 コーヒーを淹(い)れると、ふたつのモーニングカップに注ぎ分ける。マキを二階の仕事部屋に連れて行き、葉巻を一本持って麻雀部屋に降りると、よめはんが自動卓の電源を入れ、コーヒーをふたつのテーブルにおいて待っている。

 毎日、よめはんと麻雀をして飽きないか──。飽きない。千円、二千円だが、勝ってよめはんから金を毟(むし)りとると無性にうれしい。よめはんは「こらえてください」とゴキブリのごとく逃げまわるくせに、勝ったときは、「ほら、ちゃきちゃき払わんかい」と、やたらえらそうにすごむ。どういう性格や、こいつは。

 麻雀は半荘四回で終わる。仕事部屋にもどってパソコンの電源を入れ、メールをチェックし、パイプに葉をつめてから原稿を書きはじめる。たまに鼻毛も切る。

 ──話が逸(そ)れた。なにを書くつもりだったのか。

 そう、書店だ。近くの国道沿いにレンタルビデオショップと、わりに大きな書店が並んでいる。そうして昨日、よめはんと書店に行って文芸書の平台を眺めたとき、あらためて気づいた。「増えてる。マンガが増えてる」──。単行本の表紙の半分がマンガなのだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい