六代目山口組に感染拡大 ガールズバーからクラスター化「外出・抗争禁止令」も (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

六代目山口組に感染拡大 ガールズバーからクラスター化「外出・抗争禁止令」も

このエントリーをはてなブックマークに追加
特定抗争指定暴力団に指定された神戸山口組事務所に貼り出された標章(C)朝日新聞社

特定抗争指定暴力団に指定された神戸山口組事務所に貼り出された標章(C)朝日新聞社

 新型コロナウイルスの猛威は「神戸戦争」が続く暴力団にも拡大している。六代目山口組傘下の組員がこう話す。

【写真】コロナ感染で入院した暴力団組員はこちら

「コロナウイルス感染者が出て、うちの幹部までPCR検査受けるほどです。今、抗争が続いているが、そんな話は一切なく、親分からは『外出はするな。コロナに感染するな。抗争もするな。厳命だ』ときつく言われました」

 山陰地方在住の女性が4月初旬、新型コロナウイルスに感染したと発表された。その後、女性の母親やアルバイト先などで次々とPCR検査で陽性が確認され、多くの感染者が出た。

「女性がアルバイトしていたのは、ガールズバーです。女性がカウンター越しに、男性客を接客する“三密”のスタイルで、店からクラスターが生まれてしまいました」(地元関係者)

 そのクラスターはさらに拡大し、暴力団業界に“衝撃”が走った。

「ガールズバーを実質的に経営しているのは、六代目山口組傘下の組に所属する組員でした。その組員をPCR検査したところ、感染が確認され、病院に収容された。そして、六代目山口組の幹部も濃厚接触者として、隔離され、PCR検査を実施。こちらは陰性でしたが、組員たちも『親分が陽性ならどうしよう』とハラハラドキドキだったそうだ」(捜査関係者)

 暴力団員は、一般の人と比較して、ウイルスに対し、抵抗力が弱いという。山口組系の元暴力団組長で作家の竹垣悟氏はその理由についてこう解説する。

「暴力団員の多くは入れ墨が入っており、毛穴を防ぐので汗が出ず、皮膚呼吸がしにくい。だから肺、心臓など呼吸器系が弱くなる傾向がある。それに日常生活の中で暴飲暴食は当たり前。規則正しい生活は刑務所か拘置所にいる時だけです。私も入れ墨が入っていますが、一般の方と比較して体力は弱いと感じます。現役の暴力団となれば、入れ墨の影響で、抵抗力や免疫力は落ちると思うので、新型コロナウイルスに感染しやすいと思います。強がりを言ったところで、コロナには勝てませんよ」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい