“あほでもOK”は古い 増加するAO・推薦入試に“個性”で対応

大学入試

2020/04/17 17:00

 大学ではAO(※【1】)・推薦(※【2】)入試の時代が到来しようとしている。学力だけでなく、学習意欲や考える力、コミュニケーション能力など総合的な力を問う試験で、今や合格者は入学者の半数を占める。変わる入試の実態と、新しい時代に対応する高校の取り組みを紹介する。

あわせて読みたい

  • 「一般入試」は古い? 大学AO入試で“大逆転”を目指す方法

    「一般入試」は古い? 大学AO入試で“大逆転”を目指す方法

    週刊朝日

    5/9

    早稲田AO・推薦「一般と比率逆転」方針 慶應も大幅増へ 変わる難関私大入試の今

    早稲田AO・推薦「一般と比率逆転」方針 慶應も大幅増へ 変わる難関私大入試の今

    AERA

    5/23

  • 「定員の3割」国立大にAO・推薦で入る時代に? 合格者の共通点は“とがった個性”

    「定員の3割」国立大にAO・推薦で入る時代に? 合格者の共通点は“とがった個性”

    AERA

    5/22

    東大合格トップは県立広島 国立推薦入試に公立高が強いワケ

    東大合格トップは県立広島 国立推薦入試に公立高が強いワケ

    週刊朝日

    2/20

  • 東大推薦入試は“定員割れ” 副学長「100人は採りたい」

    東大推薦入試は“定員割れ” 副学長「100人は採りたい」

    週刊朝日

    2/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す