市原隼人、33歳まで給与明細を確認せず…“芝居バカ”すぎるその理由

2020/03/17 11:30

 気になる人物の1週間に着目する「この人の1週間」。今回は俳優・市原隼人さん。10歳で芸能界入り。10代、20代と、人との出会いも含めて、いくつもの代表作に恵まれる中、30代で開拓した新境地が“給食マニアの中学教師”役。常に全力な市原さんも、回り道した時期があったという。

あわせて読みたい

  • 鈴木杏が一人芝居に挑戦 舞台「殺意」に感じたコロナ時代との共通点

    鈴木杏が一人芝居に挑戦 舞台「殺意」に感じたコロナ時代との共通点

    週刊朝日

    7/11

    柄本佑 染谷将太と共演した“恥ずかしい映画”とは?

    柄本佑 染谷将太と共演した“恥ずかしい映画”とは?

    週刊朝日

    9/2

  • 中村倫也に腐っていた過去「世の中も大人も全部ナナメに見てた」

    中村倫也に腐っていた過去「世の中も大人も全部ナナメに見てた」

    AERA

    9/6

    村上春樹に気づかされ…「海辺のカフカ」演じる木場勝己が告白

    村上春樹に気づかされ…「海辺のカフカ」演じる木場勝己が告白

    週刊朝日

    4/13

  • 佐々木蔵之介、実はコンプレックスだらけだった 俳優になった理由

    佐々木蔵之介、実はコンプレックスだらけだった 俳優になった理由

    週刊朝日

    5/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す