清原氏、明ける執行猶予「怖い感じ」 社会復帰に試練 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

清原氏、明ける執行猶予「怖い感じ」 社会復帰に試練

このエントリーをはてなブックマークに追加
山内リカ週刊朝日
「依存症の理解を深めるための普及啓発イベント」で胸の内を明かした清原和博氏 (撮影/山内リカ)

「依存症の理解を深めるための普及啓発イベント」で胸の内を明かした清原和博氏 (撮影/山内リカ)

「まだ回復は遅れていますけど前進していると思う」

 元プロ野球選手の清原和博氏(52)が現状を語った。3月1日、「依存症の理解を深めるための普及啓発イベント」(厚生労働省主催)に現れたときのことだ。

【写真】広島のモテ男・菊池涼介が懺悔告白?

 2016年2月に覚醒剤取締法違反容疑で現行犯逮捕され、懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決が下りた。現在は自助グループで、更生に向けたプログラムを受けているという。

 自助グループとは、同じ問題を抱える当事者や家族が交流し、問題の克服を目指す集団のこと。依存症問題に詳しい国立精神・神経医療研究センター薬物依存症センター長の松本俊彦医師は、依存症回復にはなくてはならない組織と述べる。

「依存症は病気です。薬物依存は刑罰では効果がないことは、科学的にも証明されています。再発率が高いということ自体、刑罰には意味がない」(松本医師)

 清原氏は、この自助グループの存在を主治医から聞いていた。だが自分の気持ちや体験を包み隠さず話すことに抵抗があり、最初は足が向かなかった。参加者が手をつないで祈るプログラムもあり、戸惑った。

「1回、2回とプログラムを受けているうちに、同じ悩みを抱えているんだな、とわかちあえた」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい