なんと屋内で! “うっかり凍死”に気をつけろ

2020/02/27 11:30

 夏になると熱中症で亡くなる人が相次ぐが、実は冬に凍死する人のほうが多い。しかも、屋内で亡くなる例が少なくない。今年は暖冬といっても昼と夜の寒暖差は大きく、底冷えの日もある。温度の感度が鈍くなった高齢者は低体温症による“うっかり凍死”になりかねない。対策を紹介する。

あわせて読みたい

  • 日本は職場も家も寒すぎる! 仕事がはかどり命を守る「室温」とは?

    日本は職場も家も寒すぎる! 仕事がはかどり命を守る「室温」とは?

    AERA

    12/23

    白馬岳で6人死亡 専門家「低体温症は気温10度でも起こる」

    白馬岳で6人死亡 専門家「低体温症は気温10度でも起こる」

    週刊朝日

    5/20

  • 老夫婦2人きりなら“減築”も 消費増税前のリフォームのすすめ

    老夫婦2人きりなら“減築”も 消費増税前のリフォームのすすめ

    週刊朝日

    3/29

    冬の換気は「室温18度・湿度40%以上」を維持しながら 「住まいが暖かくなれば疾患予防、重症化リスクも軽減」と専門家

    冬の換気は「室温18度・湿度40%以上」を維持しながら 「住まいが暖かくなれば疾患予防、重症化リスクも軽減」と専門家

    AERA

    12/31

  • 危険はどこに?知っておきたい山岳気象遭難の事例

    危険はどこに?知っておきたい山岳気象遭難の事例

    tenki.jp

    10/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す