生瀬勝久が若手俳優に「もう先がないな」と思ったら…辛辣意見! (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

生瀬勝久が若手俳優に「もう先がないな」と思ったら…辛辣意見!

このエントリーをはてなブックマークに追加
生瀬勝久さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

生瀬勝久さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

生瀬勝久(なませ・かつひさ)/1960年、兵庫県生まれ。83年から、関西の人気劇団「そとばこまち」に所属し、座長に。俳優のほか、脚本や演出などでも活躍。退団後、ドラマ「TRICK」シリーズ(テレビ朝日系)で一躍人気者に。以降、多数のドラマ、映画に出演。現在、上演中の舞台KERA CROSS 第二弾「グッドバイ」山形公演1月16日、新潟公演18日、広島公演21日、大阪公演23~26日、香川公演28日、愛知公演30~31日、福島公演2月2日、東京公演4~16日。(撮影/写真部・小山幸佑)

生瀬勝久(なませ・かつひさ)/1960年、兵庫県生まれ。83年から、関西の人気劇団「そとばこまち」に所属し、座長に。俳優のほか、脚本や演出などでも活躍。退団後、ドラマ「TRICK」シリーズ(テレビ朝日系)で一躍人気者に。以降、多数のドラマ、映画に出演。現在、上演中の舞台KERA CROSS 第二弾「グッドバイ」山形公演1月16日、新潟公演18日、広島公演21日、大阪公演23~26日、香川公演28日、愛知公演30~31日、福島公演2月2日、東京公演4~16日。(撮影/写真部・小山幸佑)

 演劇界屈指の個性派俳優とも称される生瀬勝久さん。現在、上演中の舞台KERA CROSS 第二段「グッドバイ」では演出を務めています。芝居はもちろんプライベートでも独自のポリシーの持ち主でした。作家・林真理子さんが謎に包まれた素顔に迫ります。

前編/演劇はギャンブル? 生瀬勝久「蜷川さんでもつまんない作品もある」】より続く

【生瀬さんの写真の続きはこちら】

*  *  *
林:やっぱり演出って楽しいですか。

生瀬:楽しいです。ものをつくることが好きなんでしょうね。「これからみんなで知恵をしぼって楽しいことをやるんだ。プロとしてお金をもらう作品をつくるんだ」というのがね。僕が劇団活動をしてたときは、対価がなかったんです。もちろんチケット代はいただくんですけど、次の作品のためにすべてストックして、自分たちには一銭も入らない状況で10年以上やり続けてきた。今もそれの延長なんです。いま僕はいろんなメディアに出させていただいて対価をいただいてるんですけど、これ、ラッキーとしか思ってないんですよ。

林:そうなんですか。

生瀬:無償でやってたときと何が違うのかと言われても、自分の中では何も変わらない。今、たまたま認知されて、対価をいただいて、これは本当にラッキーなんです。

林:もともと生瀬さんは同志社大のご出身で、就職が決まってたのに、それを蹴ってお芝居の道に進んだんですよね。すぐ売れたんですか。

生瀬:売れないです。バイトしてました。朝ドラ(「純ちゃんの応援歌」88~89年)に出たのは28歳のときなんです。僕、1浪して2年留年したので、卒業したのが25歳ですから、3年ぐらいはブラブラしてました。貧乏といったって、何しても食えましたからね。

林:確かに、あのころはね。

生瀬:僕、貧乏自慢って絶対イヤなんですよ。苦労したとか挫折したという感覚がまったくないんです。人から「生瀬、あそこで挫折したよね」って言われてもおかしくないんですけど、僕はまったくそんなふうに思わないんです。

林:ずっと前から舞台にいい役で立ってらして、気がついたらテレビにもいっぱい出ていたというのが、お芝居好きな人の感覚だと思います。脚本もお書きになるんでしょう?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい