アフガニスタンに戻る中村哲さん 緑の大地に変わった砂漠に分骨へ

2019/12/14 10:11

 アフガニスタンで銃弾に倒れた中村哲医師(73)の葬儀が、福岡市で12月11日にあった。中村さんはNGO「ペシャワール会」の現地代表などを務め、30年以上にわたって医療や農業用水路の建設などに取り組んできた。葬儀には知人やNGO関係者ら1千人以上が参列し、中村さんの思いを引き継ぐことを誓った。

あわせて読みたい

  • 銃撃された中村哲医師 が生前、本誌に語っていた夢「現地では優しくしてもらっている」

    銃撃された中村哲医師 が生前、本誌に語っていた夢「現地では優しくしてもらっている」

    週刊朝日

    12/4

    「喪失感は余りにも大きい」中村哲さんが学んだ母校が哀悼文

    「喪失感は余りにも大きい」中村哲さんが学んだ母校が哀悼文

    dot.

    12/6

  • 「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    AERA

    12/11

    人は愛するに足り、真心は信ずるに足る

    人は愛するに足り、真心は信ずるに足る

    週刊朝日

    1/24

  • 「困った人々の心に明るさをともす」 中村医師が亡くなった同僚に誓った生き方

    「困った人々の心に明るさをともす」 中村医師が亡くなった同僚に誓った生き方

    AERA

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す