イチローに毎日カレーの理由を聞いた! 鈴木おさむ「めちゃくちゃ納得」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

イチローに毎日カレーの理由を聞いた! 鈴木おさむ「めちゃくちゃ納得」

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ週刊朝日#鈴木おさむ
鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

3月に現役引退したイチローさん (c)朝日新聞社

3月に現役引退したイチローさん (c)朝日新聞社

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「イチロー」について。

【写真】3月に現役引退したイチローさん

*  *  *
 僕は先日、会って緊張する人と久々にお仕事しました。それはイチロー選手、いや、イチローさんです。SMBC日興証券さんのお仕事で、僕が聞き手として、イチローさんの「お言葉」を聞きだし、動画を作り、SNSなどで配信するというもの。スタジオに昔ながらの部屋みたいなセットを作り、そこでイチローさんに対して僕が至近距離で座り、お話を聞いていく。

 スタジオに入ってきたイチローさんを見たときに「あ、イチローだ!!」と思ってしまいました。こんな気持ちになったの、「SMAP×SMAP」にマイケル・ジャクソンが来たとき以来です。めちゃくちゃいい人でした。これまでスターと言われる人たちにまあまあお会いさせていただきましたが、スターと超スターって僕の中で違いがあります。超スターって絶対いい人なんです。だから安心するし、うれしい。やっぱりSクラスの超スターなんだと。

 そして収録。サイコロを振っていき、イチローさんが人生ゲームのようなものを進めて、止まったところで人生を振り返ったり、もしもの話をしたり。超スターというのは、神様が味方します。サイコロはマックス3まで。最初のうちは見事に細かく刻んでいく。1ばかり。撮れ高考えるとそのほうがいいわけです。後半に進むと3が増えてくる。そろそろ1がいいなと思うと、1になる。誰かがリモコンで操作してんじゃないかなと思うくらい。

 収録は全部で3時間。休憩は2回。何がすごいってその集中力。インタビュー形式でトークしていくってめちゃくちゃ疲れるわけですよ。3時間ですよ。だけどトークしている間も、そのペースにばらつきが出ることもなく、ずっと「オン」状態を保つ。一定。そしておもしろい。やはり超一流は何をしても超一流なんだなと。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい