広瀬アリスら芸能界の“一般人受けコーデ” ドン小西が苦言 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

広瀬アリスら芸能界の“一般人受けコーデ” ドン小西が苦言

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドン小西
ドン小西

ドン小西

広瀬アリス(俳優)1994年、静岡県生まれ。オーディション「ミスセブンティーン2009」でグランプリを獲得。15歳で、フジテレビ系の昼ドラの史上最年少主人公に抜擢され、以降、俳優としても活躍。妹は、俳優の広瀬すず=10月28日、フェスティバル・ミューズを務めた第32回東京国際映画祭のレッドカーペットに登場 (c)朝日新聞社

広瀬アリス(俳優)1994年、静岡県生まれ。オーディション「ミスセブンティーン2009」でグランプリを獲得。15歳で、フジテレビ系の昼ドラの史上最年少主人公に抜擢され、以降、俳優としても活躍。妹は、俳優の広瀬すず=10月28日、フェスティバル・ミューズを務めた第32回東京国際映画祭のレッドカーペットに登場 (c)朝日新聞社

 10月28日、フェスティバル・ミューズを務めた第32回東京国際映画祭のレッドカーペットに登場した俳優の広瀬アリス。ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックした。

【今回チェックした広瀬アリスさんの衣装はこちら】

*  *  *
 自慢じゃないが、あたしもこのレッドカーペットを歩いたことがあるんだけどね。止まったリムジンを見守っていると、女優のセクシーな足が、開いた後部座席のドアから……みたいな演出があってさ。

 で、今年、そのレッドカーペットにトップバッターで登場したのが、彼女だよ。巷で誰でも着ているような、はやりのビッグシャツからのアレンジかね。肩も袖もブカブカで、おっ立てた襟の前立てには、フェミニンなフリルが裾までつながってる。そんな誰でも考えつきそうなデザインで、おまけに足元はハーフブーツだもの。これなら一般人にも受けがよさそうだよね。

 ま、昔はスターといえば、別世界の人。ファッションも、一般人の度肝を抜く華やかさがあったもんだよ。そう考えると今は、代官山あたりを歩いている女の子も女優も、見分けがつかないもんな。だいたい全身ユニクロで現場に来るスタイリストもいるくらいで、スタッフからして質が低下。おまけにスポンサーや各方面に配慮しすぎるから、この手の当たり障りのないどうでもいいファッションが幅を利かせるんだよ。あー、嘆かわしい。

■評価は……?

3DON!「一般の女性ならとても素敵です」 ※満点は5DONです。

(構成/福光恵)

週刊朝日  2019年11月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい