「4年前は失敗。浮かれていた」競泳世界王者・瀬戸大也が捨てた甘え (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「4年前は失敗。浮かれていた」競泳世界王者・瀬戸大也が捨てた甘え

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年世界選手権男子400メートル個人メドレーで優勝した瀬戸大也(C)朝日新聞社

2019年世界選手権男子400メートル個人メドレーで優勝した瀬戸大也(C)朝日新聞社

2017年に結婚式を挙げた瀬戸大也(左)と優佳さん(C)朝日新聞社

2017年に結婚式を挙げた瀬戸大也(左)と優佳さん(C)朝日新聞社

 2020年東京五輪で活躍が期待される選手を紹介する「2020の肖像」。第1回は開会式翌日から始まる競泳、男子個人メドレーの瀬戸大也(25)。16年リオデジャネイロ五輪で表彰台に上ったものの、頂点は遠かった。あれから3年。世界王者に返り咲き、2度目の五輪切符をもぎとった。「後悔はしたくない」。苦い経験の数々が、彼を変えた。朝日新聞社スポーツ部の清水寿之氏が、その成長の軌跡を綴る。

【瀬戸大也さんと優佳さんの結婚式の写真はこちら】

*  *  *
 日本競泳界のエースであることを、結果で示した。

 2019年7月に韓国・光州で行われた世界選手権で、200メートル、400メートルの個人メドレー2冠を達成した。世界選手権で手にした金メダルの総数は、13、15年大会で連覇した400メートル個人メドレーと合わせて四つに。通算3つの金メダルを取った男子平泳ぎの北島康介を抜き、日本選手の歴代最多に躍り出た。

 今大会で表彰台の中央に立った日本選手は、瀬戸1人だけ。200メートルバタフライの銀を含む3つのメダルは、日本代表が獲得した総メダル(6個)の半分を占める。

「あそこまでは100点の大会。最後に甘さがあって80点の大会になってしまった」

 そう苦笑いしながら振り返るレースにこそ、瀬戸の確かな成長がつまっていた。

 大会の最終日にあった400メートル個人メドレー決勝。3泳法目の平泳ぎを終えた時点で2番手を3秒以上引き離していたが、最後の自由形に入って失速する。

「抜け出しているのが分かって、気の緩みがあった。疲れがどっと出る要因になったと思う」

 残り15メートル。2位の選手に背後まで迫られた。「来ているのは分かっていた」。息継ぎの時間も惜しんで必死に水をかき、0秒27差で逃げ切った。

「この種目は最低でも金、最高でも金と言ってきた。目標を達成できてよかった」

 しみじみと言った。

 何があっても、トップの座は譲らない。そんな気迫あふれる姿を見せたのは、久しぶりだった。

 17年7月の世界選手権。400メートル個人メドレーでは、日本選手として初めての大会3連覇がかかっていた。しかし、結果は銅メダル。開催地のハンガリーから自宅へ戻ると、大会の2カ月前に結婚したばかりだった妻で元飛び込み選手の優佳さん(24)を前に、後悔を口にした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい