自民党で消費税“延期論”も 「増税で景気が冷え込むと首相に直談判」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自民党で消費税“延期論”も 「増税で景気が冷え込むと首相に直談判」

このエントリーをはてなブックマークに追加
亀井洋志週刊朝日#安倍政権
西田昌司参院議員 (撮影/亀井洋志)

西田昌司参院議員 (撮影/亀井洋志)

 消費増税直前の9月は駆け込み需要と上半期決算セールで、市場が盛り上がるかと思われたが、そんな様子はあまり見られない。

 デフレスパイラルに陥らないためには、長期的な経済対策が不可欠だという。国債を一切発行せずに財政を健全化した代わりに、医療や福祉、年金などが切り捨てられ、国民生活が破綻したのでは本末転倒だとも訴える。

 西田氏は17年12月、内閣官房参与(当時)の藤井聡・京都大学教授らとともに公邸を訪れた。安倍首相と会食しながら、MMTの理論について説明した。

「安倍首相は私たちの考えを理解してくれていると思います。だからといって、党内議論が盛り上がらないことには、MMTが直ちに採用されるということはないでしょう。MMT支持を多数派に転換できるよう努力していきたいと思っています」

(本誌・亀井洋志)

週刊朝日  2019年9月27日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい