芦田愛菜「歯磨きしながら本を読んだり…」知られざる読書生活 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

芦田愛菜「歯磨きしながら本を読んだり…」知られざる読書生活

このエントリーをはてなブックマークに追加
芦田愛菜さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田愛菜さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田愛菜(あしだ・まな)/2004年、兵庫県生まれ。ドラマ「Mother」(10年、日本テレビ系)で実母から虐待される少女を演じて注目を集める。「マルモのおきて」(11年、フジテレビ系)で連ドラ初主演。13年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たす。第34回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、受賞多数。初の単行本『まなの本棚』(小学館)を発売したばかり。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田愛菜(あしだ・まな)/2004年、兵庫県生まれ。ドラマ「Mother」(10年、日本テレビ系)で実母から虐待される少女を演じて注目を集める。「マルモのおきて」(11年、フジテレビ系)で連ドラ初主演。13年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たす。第34回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、受賞多数。初の単行本『まなの本棚』(小学館)を発売したばかり。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

林:この先すごいことがいっぱい待っていそうだけど、こんなに頭がいいんだから、「将来はニュースキャスターになるんじゃないか」とか勝手に言ってる人もいるみたいね。

芦田:ニュースキャスターですか? それも楽しそうですよね。いろんなことに興味を持って視野を広げていきたいので、「どれか一つ」ということじゃなくて、たとえば医学とか宇宙とか報道とか、常にいろんなことに興味を持っていたいです。

林:愛菜ちゃん、「医学部に進みたい」と言ったって本当ですか。

芦田:そう言ったことはないんですけど、「医学に興味がある」みたいなことは言いました。

林:医学をやってもいいし、このまま女優さんをやっていってもいいし、女優さんをやりながらニュースキャスターというのもいいかもしれないし、いろんな可能性がありますね。書くほうはどうなんですか。

芦田:私は書くのはぜんぜんなので、作家さんってすごいなと思いながら読んでます。

林:でも、これだけ本を読んでたら、書くほうもすごいと思うけど。

芦田:何回か本を書こうと思ったこともあるんですけど、起承転結の「転」といういちばんおもしろくなる部分がなかなか思いつかなくて、起承承結のつまんないものになってしまうんです(笑)。

林:でも、小説を書いてみようと思ったことはあるんですね。

芦田:それはありますね、やっぱり。

林:これだけ読んでたら当然だと思いますよ。読み手から書き手になりたいと思うときが来ると思う。ある日突然「あらら、書けちゃった」というときが来ると思いますよ。

芦田:そういう日が来ればいいなとは思います。

林:作家で会ったことがあるのは誰ですか。

芦田:辻村深月さんと宮部みゆきさんですね。

林:男性の作家には会ったことないですか。

芦田:ないです。

林:女優さんで本が好きな人って、愛菜ちゃんほどじゃないにしろ何人かいらっしゃるけど、そういう人って、男性作家と結婚することもけっこうあるんですよね。実際に会って本と同じぐらいの魅力を感じると、恋に落ちちゃうことがあるみたい。まあ、愛菜ちゃんには先の話ですけどね。

芦田:フフフ、はい。

林:お話ししてみると愛菜ちゃん、子どものときから、まっすぐすくすくと大きくなったという感じですね。これからも頑張ってくださいね。応援しています。

(構成/本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2019年8月30日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい