吉本側が宮迫と田村の爆弾発言に反論 「会見場を押さえたのに、2人が来なかった」  (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉本側が宮迫と田村の爆弾発言に反論 「会見場を押さえたのに、2人が来なかった」 

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル、多田敏男週刊朝日
会見する宮迫博之と田村亮(撮影/今村拓馬)

会見する宮迫博之と田村亮(撮影/今村拓馬)

「引退でも謝罪でもどういうものでもいいから、自由にして構わないという前提で、会見を準備していました。会見させなかったわけではありません」(吉本興業関係者)

 双方の主張は対立するが、吉本興業は今回の会見について、20日午後6時時点で正式な発表はしていない。内容を精査し対応を検討中だとみられる。

「会見内容が事実と異なることをひとつひとつ説明できるが、会社としてすぐに対応するかどうかは未定です」(同)

 別の関係者は、会見前に2人が爆弾発言をするのではないかと次のように警戒していた。

「これは宮迫のクーデター。岡本社長の首を取る覚悟のようだ。宮迫はこれまでの経過について、発言の録音など証拠も用意しているようだ。全部、暴露したら、吉本が割れるかもしれない。芸能史に残るクーデターになる」

 2人と会社側のバトルは、果たしてどう決着がつくのか。

(本誌・太田サトル、多田敏男)
※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい