『神田川』に留学時代重ね…御理髪掛が見た新天皇陛下の素顔 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『神田川』に留学時代重ね…御理髪掛が見た新天皇陛下の素顔

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子週刊朝日#皇室
サロンで撮影に応じる大場隆吉さん

サロンで撮影に応じる大場隆吉さん

英オックスフォード大留学中に生活した寮の部屋。窓際には、ソニーのカセットレコーダーとクラシック音楽のカセットテープが並ぶ。1985年撮影 (c)朝日新聞社

英オックスフォード大留学中に生活した寮の部屋。窓際には、ソニーのカセットレコーダーとクラシック音楽のカセットテープが並ぶ。1985年撮影 (c)朝日新聞社

最後のサロンでの調髪のとき、快く記念撮影に応じる徳仁皇太子。後列の右端が大場さん、前列右端が古中さん

最後のサロンでの調髪のとき、快く記念撮影に応じる徳仁皇太子。後列の右端が大場さん、前列右端が古中さん

 大場さんがDVDを差し上げると、次の調髪の際に、こう感想を漏らした。

「なかなかいい作品でしたね。大変感動しました」

 黒澤作品は、弱さや欲望、といった人間の根源を描く映画だ。「007」のようなエンターテインメント映画も楽しむ一方で、「神田川」のように、哀愁を秘めた恋愛歌のフォークソングや演歌にも共鳴する。

 そんな豊かな感性を持つのが、徳仁新天皇だ。

 74年、美智子さまは自身の誕生日の会見で、14歳の浩宮さまについて、こう語っている。

「私一人の感じで言えば、浩宮の人柄の中に、私でも習いたいというような美しいものを見いだしています」

 大場さんは、徳仁皇太子の御理髪掛を務めていたときの心境をこう振り返る。

「私たちが全身全霊でお仕えしていることを理解なさったあとは、100%の信頼を置いて、こちらを信じて任せてくださる。だからこそ、わずかでも気を抜くことができなかった」

 09年の夏、東宮御所の改修も終わった。徳仁皇太子がサロンを訪れるのも、あと数回になった。エレベーター前でお迎えし、サロンまで案内する間、古中さんは、さみしさがこみあげてこう声をかけた。

「近くて遠いですね」

 すると、

「走ったら、たった5分ですからね」

 徳仁皇太子は、笑って答えた。元赤坂2丁目の東宮御所からサロンまで、いつもの車であれば、ほんの2、3分の距離。ジョギング好きの徳仁皇太子らしい、ユーモアのある言葉だった。(本誌・永井貴子)

週刊朝日  2019年7月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい