『神田川』に留学時代重ね…御理髪掛が見た新天皇陛下の素顔 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『神田川』に留学時代重ね…御理髪掛が見た新天皇陛下の素顔

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子週刊朝日#皇室
サロンで撮影に応じる大場隆吉さん

サロンで撮影に応じる大場隆吉さん

英オックスフォード大留学中に生活した寮の部屋。窓際には、ソニーのカセットレコーダーとクラシック音楽のカセットテープが並ぶ。1985年撮影 (c)朝日新聞社

英オックスフォード大留学中に生活した寮の部屋。窓際には、ソニーのカセットレコーダーとクラシック音楽のカセットテープが並ぶ。1985年撮影 (c)朝日新聞社

最後のサロンでの調髪のとき、快く記念撮影に応じる徳仁皇太子。後列の右端が大場さん、前列右端が古中さん

最後のサロンでの調髪のとき、快く記念撮影に応じる徳仁皇太子。後列の右端が大場さん、前列右端が古中さん

 まだ浩宮と呼ばれていた昭和の時代。徳仁新天皇は、1983年から2年間、英オックスフォード大学で寮生活を送っている。令和の新天皇は、歴史上で初めて留学経験を持つ天皇でもあるわけだ。

 留学生活を終えて帰国を前にした記者会見で、日本に帰りたいと思ったことは、という質問に、

「一度もありませんでした」

 と、きっぱりと答えている。

 四半世紀の歳月を経て、徳仁皇太子が口にした「神田川」のエピソードからは、公式の会見とは違う表情も見えてくる。徳仁新天皇について、「昔から感情をあらわにすることは、ほとんどなかった」と同級生は口をそろえるが、青年であった浩宮時代の、「孤独」な心のひだが垣間見えるような、一場面である。

 天皇や皇族方は、ふだんから好みについて、口にすることはあまりない。それでも、大場さんの手に触れることで、緊張がほどけていたのだろう。

「愛子がね、相撲が好きで、力士の名前をすべて覚えているのです」

 うれしそうに笑顔で話をしたことがある。ご家族への深い愛情が伝わる言葉だった。

「殿下へのご調髪は、緊張のなかにも、次のご用命の日を楽しみにしたくなる。どこか、温かな時間でした」(大場さん)

 映画についても、楽しそうな表情で語った。13年に徳仁皇太子は、「水と災害に関する特別会合」で講演をするために、米ニューヨークを訪れた。その飛行機で、「007」の映画を見たと語り、続けた。

「見たことありますか? いいですよね、私は、あの映画が大好きです」

 留学時代に、「007」のシリーズは、ほとんど鑑賞したという。

■黒澤と「007」すべてご覧に

 あるときは、黒澤明監督の映画の話で盛り上がった。徳仁皇太子は、「黒澤作品」もほぼ見終えていたが「生きる」はまだ見ていない、と口にした。

 志村喬演ずる、日々の生活に無気力な役所の市民課長が、がんで余命がないと知り、生きる意味を見いだしてゆく、というストーリー。死の直前、主人公が、雪の舞う夜の公園のブランコに腰かけ、<いのち短し恋せよ乙女……>と口ずさむシーンは、見る者の胸を打つ名作だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい