とんねるず石橋がSNS初挑戦でもインスタでフォロワー急拡大のわけ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

とんねるず石橋がSNS初挑戦でもインスタでフォロワー急拡大のわけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日
インスタ初挑戦で注目される石橋貴明さん(C)朝日新聞社

インスタ初挑戦で注目される石橋貴明さん(C)朝日新聞社

インスタのフォロワー数が60万人を超えた木梨憲武さん(C)朝日新聞社

インスタのフォロワー数が60万人を超えた木梨憲武さん(C)朝日新聞社

 とんねるずの2人がやっている写真共有アプリ「インスタグラム」が話題を集めている。まずは1月から始めた木梨憲武が展開している「職業シリーズ」のクオリティーのすごさだ。

【インスタのフォロワー数が60万人を超えた木梨憲武さん】

 ある日は<すし職人見習い中!>というコメントとともに、カウンターで働く姿。かと思えば、<やっぱりお花屋さんにします>と、生花店で花束を持つ写真。さらに電気工事士や住職、インテリアコーディネーターや自動車整備士ら、さまざまな職を転々と(?)している。

 6月20日には、<芸妓Haaaaan! 57歳デビューどすえ>と、白塗り着物姿まで披露。このなりきりぶりが評判をよび、フォロワー数は6月28日現在で60万人を超えた。

「単なるコスプレではなくて、職業の現場ですごく手の込んだ写真を撮っている。写真の面白さが重要なインスタで、新たな才能が発揮されている印象です」

 と、芸能ジャーナリストの佐々木博之さん。ある放送作家もこう評価する。

「インスタという新しい〝おもちゃ〟を手に入れて、いきいきしている印象があります。クオリティーが高いので現場への手配も必要でしょう。仕事や遊び仲間ら、今までの『財産』といえる周囲を巻き込んで遊んでいるように見えます」

 そんななか、<友達作りのためにインスタはじめました>と、自撮りと思われる写真を投稿したのが石橋貴明。6月19日にインスタグラムを開設した。

 みちょぱ(池田美優)やおぎやはぎの小木博明とのツーショットなどが相次いで投稿され、オーソドックスなタレントのインスタといった印象だ。石橋のインスタは7月2日に放送されるAbemaTVの特番に向け、「友達」を増やす企画の一環として開設されたもの。佐々木さんは言う。

「普段はガラケーを使い、LINEもやっていないという石橋さんが、SNSを始めてみたという挑戦の面白さもあります」

 前出の放送作家は、とんねるずの2人のインスタの違いをこう見る。
「日常を切り取りわかりやすい間口で見せる『広さ』の石橋さんと、マニアックな展開の『深さ』で見せる木梨さん。昔から変わらないそれぞれの良さが出ているのではないでしょうか。石橋さんもフォロワー数が10万人を突破し、交遊の広さから、『こんな豪華な人が!?』といった人が登場する可能性もあります」

 佐々木さんも石橋の今後の伸びを予測する。

「石橋さんはグルメでおいしそうな投稿ができそうです。今後も、〝映える〟投稿は期待できますよね」

 それぞれのフォロワー数も、ますます右肩上がりになりそうだ。
(本誌・太田サトル)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい