ぷりぷり歯ごたえ! マギー司郎がハマる“魚介イタリアン” 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ぷりぷり歯ごたえ! マギー司郎がハマる“魚介イタリアン”

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖村かなみ週刊朝日#グルメ#人生の晩餐
ばさら/和食の板前経験がある店主が、日本人の味覚に合わせた創作イタリアンを提供。(撮影/写真部・片山菜緒子)

ばさら/和食の板前経験がある店主が、日本人の味覚に合わせた創作イタリアンを提供。(撮影/写真部・片山菜緒子)

鮮魚のカルパッチョ
「鮮魚のカルパッチョ」(1180円)は、神経締めの生きのいいヒラメを厚めに切り、弾力ある食感に。ニンニクを少々きかせたトマトのオリーブオイルソースが食欲をそそる。豊洲で仕入れた旬の素材を使った前菜やパスタ、生地がもちもちの自家製ピザなど、豊富なメニューで飽きさせない。税別
【ばさら】/東京都新宿区新宿1-27-2 ルミエール御苑1F(営)11:30~14:30L.O.17:30~22:00L.O.※土日祝の昼はコース料理の予約のみ(休)なし (撮影/写真部・片山菜緒子)

鮮魚のカルパッチョ
「鮮魚のカルパッチョ」(1180円)は、神経締めの生きのいいヒラメを厚めに切り、弾力ある食感に。ニンニクを少々きかせたトマトのオリーブオイルソースが食欲をそそる。豊洲で仕入れた旬の素材を使った前菜やパスタ、生地がもちもちの自家製ピザなど、豊富なメニューで飽きさせない。税別
【ばさら】/東京都新宿区新宿1-27-2 ルミエール御苑1F(営)11:30~14:30L.O.17:30~22:00L.O.※土日祝の昼はコース料理の予約のみ(休)なし (撮影/写真部・片山菜緒子)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、マジシャン・マギー司郎さんの「ばさら」の「鮮魚のカルパッチョ」だ。

【写真】「ばさら」の「鮮魚のカルパッチョ」がこちら

*  *  *
 タレントの夏木ゆたかさんとは、昔からの顔なじみ。たまに会って食事をしています。「ばさら」は夏木さんの紹介で、ご一緒するようになりました。

 僕はイタリアンって、ピザやパスタくらいしか知らなかったけど。こちらは、日本人好みの新鮮な魚介を使った料理がいろいろあるんです。「今日は何がおいしいの?」ってお店の人に聞くと、その日のおすすめを教えてくれて。なんとなく、お寿司屋さんっぽいところが気に入っています。

 なかでも好きなのがヒラメのカルパッチョ。最初はカルパッチョって何だろう?って感じでしたが(笑)。すすめられて食べてみたら、おいしくて。身が分厚いんですよ。新鮮ないい魚を使っているんでしょうね。ぷりぷりで歯ごたえもある。ちょっとニンニクがきいた、オリーブオイルのソースも味の決め手になっています。

 僕は今年73歳になりました。気のおけない仲間とおしゃべりしながら食事をする。これこそが、健康の秘訣なんですね。

(取材・文/沖村かなみ)

「ばさら」東京都新宿区新宿1-27-2ルミエール御苑1F/営業時間:11:30~14:30L.O.、17:30~22:00L.O.※土日祝の昼はコース料理の予約のみ/定休日:なし

週刊朝日  2019年6月14日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい