一時は芸能界引退を決意…石倉三郎の運命を変えた分岐点 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一時は芸能界引退を決意…石倉三郎の運命を変えた分岐点

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶週刊朝日
石倉三郎(いしくら・さぶろう)/香川県・小豆島生まれ。1967年に高倉健さんの紹介で東映の大部屋俳優としてキャリアをスタート。80年代に「コント・レオナルド」でブレーク。俳優としても活躍し、映画「つむぐもの」(2016年、犬童一利監督)に初主演。7月3日から東京・新橋演舞場での舞台「笑う門には福来たる~女興行師 吉本せい~」に出演する (撮影/門間新弥)

石倉三郎(いしくら・さぶろう)/香川県・小豆島生まれ。1967年に高倉健さんの紹介で東映の大部屋俳優としてキャリアをスタート。80年代に「コント・レオナルド」でブレーク。俳優としても活躍し、映画「つむぐもの」(2016年、犬童一利監督)に初主演。7月3日から東京・新橋演舞場での舞台「笑う門には福来たる~女興行師 吉本せい~」に出演する (撮影/門間新弥)

石倉三郎さん(撮影/門間新弥)

石倉三郎さん(撮影/門間新弥)

 もし、あのとき、別の選択をしていたなら。著名人が岐路に立ち返る「もう一つの自分史」。今回は、粋でいなせな人情家。強面だけど気風が良くて、ユーモラス。そんな印象が次々と浮かぶ俳優・石倉三郎さん。その人生は紆余曲折、多くの挫折も経験したといいます。そのいっぽうで高倉健さんとの出会いをはじめ、強大な「運」にも恵まれてきました。

【石倉三郎さんの写真をもっと見る】

*  *  *
――終戦の翌年、香川県・小豆島に生まれた。一番強烈な体験は、子ども時代の貧乏だという。

 親父は料理人で、もともとは大阪で商売やっていましてね。空襲で焼け出されて、小豆島の親戚の家に間借りをさせてもらった。そこで私が生まれたんです。土蔵で生まれたらしいです。4人兄姉の一番下。

 まあ、とにかく貧乏でしたよ。学校に持っていく給食費がないなんて毎月のことでしたからね。「今月の給食費、三郎は払っていません」なんて、みんなの前で担任の先生に言われて、どれだけ恥ずかしかったか。金がないっていうのは自信がないということでね。屈折した暗~い少年になりましたよ。

 いじめられたこと? そんなもんないですよ。やられたら絶対にやり返すし、しかも過剰にやっちゃうほうだから。えこひいきばかりする教師ばっかりで学校もつまらなかったし、勉強も嫌いでね。

 中2で大阪に移り住むんですが、相変わらずの貧乏暮らし。当時テレビで「事件記者」をやっていて「新聞記者になりてぇなあ」と思ったこともあったけど、「いや大学行かねえとできねえだろ、だめだ、だめだ」ってすぐ諦めちゃう。マイナス思考のかたまりで、将来に夢なんて持てなかった。中学を出てすぐに次兄の勤めていた会社で働きました。

 でも悶々とするわけです。サラリーマンしてたって学歴はないし、出世の見込みもない。「夜間高校の卒業証書を手にしたら少しは人生違うんじゃないか」と考えて入学試験に受かったんだけど、おふくろに「入学金が払えない」って言われて。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい