夏目雅子、松田優作も…写真家・立木義浩、時代の肖像を捉えた60年 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏目雅子、松田優作も…写真家・立木義浩、時代の肖像を捉えた60年

このエントリーをはてなブックマークに追加
池谷修一週刊朝日
夏目雅子【1982年】 (写真=立木義浩)

夏目雅子【1982年】 (写真=立木義浩)

 5月23日から東京・上野の森美術館で、「時代 -立木義浩 写真展 1959-2019 -」が開催されている(~6月9日)。60年にもわたる写真家生活で、数え切れないほどの著名人を撮り続けてきた立木義浩。その作品群は時代の空気に満ちている。

【妖艶な大原麗子や松田優作の写真はこちら】

 いまは誰もがスマホで手軽に、しかもうまく撮れてしまう。かつてこれほど写真に溢れ、はしゃいでいた世の中はなかった。「だから、写真家の力が問われる」と立木義浩は考える。はっきりと表れるのが人間の肖像だ。市井の人も著名人も、その肖像には、「時代」が刻まれているのか?

 立木は、広告写真からスタートし、20代の前半には週刊誌やファッション誌のグラビアを席巻していた。そして60年に及ぶ写真家人生のなかで俳優、歌手、作家など、著名人を撮り続けてきた。原動力の一つは、「自分の思い通りにならないことの尽きない面白さ」だという。スターの眩(まばゆ)い輝き、芸術家たちの強烈なオーラは、つねに時代の空気と結びながらわれわれを刺激する。著名人たちの表情はそれぞれの時代を彩る顔なのだ。

 夏目雅子が垣間見せた愛らしい微笑み、サングラスの奥に光る松田優作の鋭いまなざし。そんな一瞬の素顔の向こうに、あの頃の想い、ざわめきが息づいている。(取材・文/池谷修一[アサヒカメラ])

週刊朝日  2019年5月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい