また「翔んで埼玉」? 新1万円札・渋沢栄一で沸く深谷市

2019/04/17 11:30

 今年は「埼玉の年」になるのだろうか。2024年度上期をめどにデザインが変わる紙幣の新1万円札の「顔」に、「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一が選ばれた。映画「翔んで埼玉」のヒットほどの派手さはないが、渋沢の出身地、埼玉県深谷市では、じわじわと渋沢フィーバーが起きている。

あわせて読みたい

  • 新紙幣の3人を2年前に的中させたブロガーがいた! 「推理のカギは死没年にあり」

    新紙幣の3人を2年前に的中させたブロガーがいた! 「推理のカギは死没年にあり」

    AERA

    4/16

    新紙幣の偉人“ゆかりの地”に行ってみよう!~渋沢栄一編~

    新紙幣の偉人“ゆかりの地”に行ってみよう!~渋沢栄一編~

    tenki.jp

    5/6

  • カフェでの藍染め体験も 大河ドラマの主役・渋沢栄一ゆかりの地に注目集まる

    カフェでの藍染め体験も 大河ドラマの主役・渋沢栄一ゆかりの地に注目集まる

    AERA

    12/12

    2021年大河ドラマの主人公&新一万円札 いまさら聞けない渋沢栄一の足跡
    筆者の顔写真

    鈴子

    2021年大河ドラマの主人公&新一万円札 いまさら聞けない渋沢栄一の足跡

    dot.

    12/26

  • 「『新札はこれで最後でしょうね』と財務省の方が…」新札モデル“子孫対談”

    「『新札はこれで最後でしょうね』と財務省の方が…」新札モデル“子孫対談”

    週刊朝日

    10/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す