「不倫」に収まらない三人の男女関係…井上荒野の新作がすごい

2019/04/07 17:00

 書評家の倉本さおり氏が選んだ“今週の一冊”は『あちらにいる鬼』(井上荒野著、朝日新聞出版※1,600円※税別)。

あわせて読みたい

  • 【映画化決定】父と母、そして父の愛人だった瀬戸内寂聴――3人の

    【映画化決定】父と母、そして父の愛人だった瀬戸内寂聴――3人の"性"と"生"を娘・井上荒野が描いた衝撃作

    BOOKSTAND

    11/30

    瀬戸内寂聴さん「奥さまお手製のお昼をご馳走に」 不倫相手の娘と対談

    瀬戸内寂聴さん「奥さまお手製のお昼をご馳走に」 不倫相手の娘と対談

    AERA

    11/12

  • 瀬戸内寂聴さん死去「私はたぶん、今年死ぬ」   佐藤愛子さん「仲間がいなくなってしまった」

    瀬戸内寂聴さん死去「私はたぶん、今年死ぬ」  佐藤愛子さん「仲間がいなくなってしまった」

    dot.

    11/11

    瀬戸内寂聴さん「不倫」を超えた妻との関係 「わかり合える人だったし」生前明かしていた本音

    瀬戸内寂聴さん「不倫」を超えた妻との関係 「わかり合える人だったし」生前明かしていた本音

    AERA

    11/12

  • 【追悼】瀬戸内寂聴さんが遺した数々の言葉 「不倫なんて思ってないの」「欲や煩悩が尽きないのは当たり前」

    【追悼】瀬戸内寂聴さんが遺した数々の言葉 「不倫なんて思ってないの」「欲や煩悩が尽きないのは当たり前」

    AERA

    11/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す