2019プロ野球順位、「セ・パ」の優勝は? 東尾修が予想 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2019プロ野球順位、「セ・パ」の優勝は? 東尾修が予想

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

ソフトバンクの大型新人甲斐野央(左)は甲斐拓也との呼吸もばっちり! (c)朝日新聞社

ソフトバンクの大型新人甲斐野央(左)は甲斐拓也との呼吸もばっちり! (c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、メジャー帰りの選手たちが活躍できる条件を解説する。

【投球練習を終えた甲斐野投手とグータッチする甲斐捕手】

*  *  *
 プロ野球は3月29日にセ・リーグ、パ・リーグが一斉に開幕する。今年も順位予想の季節が来た。野球の変化を細かく感じ取りながら、全体の戦力を予想する。これがいかに困難なことか。毎年頭を悩ませる。

 特に今年はルーキーがオープン戦からアピールを続けている。既存の戦力にどのようにプラスアルファをするかは難しい。公式戦とオープン戦はまるで違うからね。新戦力がシーズンにスムーズに入っていけるかどうかで戦力予想には差が出る。そして、今の野球界は「9人野球」では勝ち抜けない。2軍にどれだけの戦力がいるか。そこまで12球団すべてを見渡せないから、予想はさらに困難になる。そんな言い訳を先にしてから、予想に入りたい。

 まずパ。ずばりソフトバンクが優勝、2位以下は西武、日本ハム、ロッテ、楽天、オリックスとさせてもらう。優勝争いは昨年リーグ王者の西武と日本一のソフトバンクの2強に、若い選手の爆発力が期待できそうな日本ハムがどう迫るかだろう。ただ、ソフトバンクはドラフト1位の甲斐野が使える。サファテが開幕からクローザーに収まることは難しいが、昨季守護神として夏場以降に絶対的な安定感を見せた森がいる。七回以降の救援陣の球威なども見ると、西武よりも上とみる。先発もエースの千賀を中心に若手もいる。投手力で勝るソフトバンクが有利だろう。

 西武は昨年打点王の浅村が楽天、エースの菊池がマリナーズに移籍した。この投打の穴を数字上埋めることはできても、例えば主砲山川へのマークは厳しくなるし、次期エースとなる多和田がエース対決などで勝ちきれるかどうか。日本ハムは2年目の清宮の右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折による出遅れが痛いが、復帰後にどこまで爆発できるか。ロッテは年間を通じて安定した得点力が課題。楽天はエース則本の長期離脱でさらに先発陣は苦しい。オリックスは新戦力の若手、外国人がブレークしていかないと、上位争いは難しい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい