つくねや肝も「塩」 松尾貴史が20代から通う焼き鳥店 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

つくねや肝も「塩」 松尾貴史が20代から通う焼き鳥店

このエントリーをはてなブックマークに追加
今中るみこ週刊朝日#グルメ#人生の晩餐#食
文ちゃん 焼き鳥/東京都新宿区神楽坂3-6 高橋ビル2 B1F、営業時間18:00~21:00L.O.、休みは日、祝日の月曜(撮影/倉田貴志)

文ちゃん 焼き鳥/東京都新宿区神楽坂3-6 高橋ビル2 B1F、営業時間18:00~21:00L.O.、休みは日、祝日の月曜(撮影/倉田貴志)

「串を打つのが好きなんで」と話す大将が素材を見極め、一本、一本丁寧に仕込んだ串が絶妙な焼き加減で味わえる。なかでも大ぶりのつくね(奥から2本目)は、頬ばると中からうまみがあふれ出す人気の品。アスパラを挟んだ鴨肉(手前)もクセがなく美味。串コース8本の内容は仕込み状況によって異なる。サラダ、おろし大根、スティック野菜、スープ付きで5800円。お好みの串注文も可能。税込み(撮影/倉田貴志)

「串を打つのが好きなんで」と話す大将が素材を見極め、一本、一本丁寧に仕込んだ串が絶妙な焼き加減で味わえる。なかでも大ぶりのつくね(奥から2本目)は、頬ばると中からうまみがあふれ出す人気の品。アスパラを挟んだ鴨肉(手前)もクセがなく美味。串コース8本の内容は仕込み状況によって異なる。サラダ、おろし大根、スティック野菜、スープ付きで5800円。お好みの串注文も可能。税込み(撮影/倉田貴志)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、俳優・松尾貴史さんの「文ちゃん」の「焼き鳥」だ。

【松尾貴史さんおすすめの「焼き鳥」の写真はこちら】

*  *  *
 神楽坂は昔から、好きですね。食いしん坊の大人たちが集まる街といったイメージがして。若い頃からちょっと背伸びしつつも訪れていました。

 ここは僕がまだ20代の頃、知人に連れていってもらってからのおつきあい。カウンターに座ると、目の前の炭火台で黙々と仕事する大将の姿が、じつに格好いいんですよ。まったく気取りがなくて。ハサミで時々焦げ目をチョキチョキ切りながら、おいしい焼き鳥を丹念に育てているような気がする。“本寸法”という言葉がぴったりだなといつも感じています。

 たいてい注文するのが、おすすめの串コース。ここの焼き鳥は、つくねや肝も塩で焼きます。普段はタレで食べるのが好きなんだけど、これくらい素材がいいと、むしろ塩がいいやと思っちゃう(笑)。いつも冷酒をちびちびやりつつ楽しみます。

 僕は料理人もお客もお互い敬意を払って、節度や気遣いを保っている店が好きですね。こちらはまさにそれにあてはまる、居心地のいい一軒です。

(取材・文/今中るみこ)

「文ちゃん」東京都新宿区神楽坂3‐6高橋ビルII B1F/営業時間:18:00~21:00L.O./定休日:日、祝日の月曜

週刊朝日  2019年3月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい