ファミレス化する回転ずし くら寿司ハンバーガーに専門家が抱く2つの疑問 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ファミレス化する回転ずし くら寿司ハンバーガーに専門家が抱く2つの疑問

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日#グルメ#企業
今度のくら寿司の変わり種メニューはハンバーガー 

今度のくら寿司の変わり種メニューはハンバーガー 

 回転ずしチェーンのくら寿司が、3月1日から変わり種のメニューを販売開始した。その名も「KURABURGER」。回転ずし業界初のハンバーガーだ。

 全国発売に先駆けた2月25日、東京・渋谷のセンター街に期間限定店舗をオープン。通りを多くの若者が行きかう中、店頭では法被を着た呼び込みが大きな声で宣伝し、レジ前には客が列をなしていた。

【写真】はま寿司で救世主となったのは?8割に「要らない」言われてたのに...

 米粉と黒酢を使ったバンズに、具材は「ミート」と「フィッシュ」の2種類。ミートは、大手ハンバーガー店のものと遜色ない“王道”の味だが、フィッシュは特徴的だ。白身魚と青魚15種から選んで“ブレンド”した具材は一口ほおばった瞬間に魚の風味が口の中に広がる。トッピングのガリは酸味がアクセントになり、一般的なハンバーガーでいうところのピクルスの役割を果たしている。本業はすし屋であるというプライドを感じさせる組み合わせだ。価格は各270円(税込み)。

「渋谷に遊びに来たついで」で友人と訪れた20代の女性客は「これまでくら寿司に行く習慣はなかったけど、選択肢に入るかも」と話した。くらコーポレーションの広報担当・辻明宏さんは手ごたえを感じていると話す。

「期間限定店舗では1日1千食を目標にしていましたが、客足は上々でした。渋谷は若い客層が多いので、SNSでの効果に期待したい」

 くら寿司といえば、これまでもすし屋とは思えないサイドメニューの充実で他社をリードしてきた。

「2012年のラーメンを皮切りに、コーヒーや牛丼など、サイドメニューの拡充を図ってきました。生ものが苦手という人が来店しても楽しめる店づくりが理想です」(辻さん)

 消費者のニーズが多様化する中、“すし一本”で勝負するのではなく“ファミレス”化しているのだ。

 チェーン店経営に詳しい店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏は、「サイドメニュー拡充は昨今のトレンド」と指摘する。

「回転ずしはメニューがすしだけで、差別化がしにくい。魚価の高騰もあり、サイドメニューに走らざるを得ないのが実情です」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい