アカデミー賞最有力の「女王陛下のお気に入り」にLiLiCoも「たまらん」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アカデミー賞最有力の「女王陛下のお気に入り」にLiLiCoも「たまらん」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
(c)2018 Twentieth Century Fox

(c)2018 Twentieth Century Fox

(c)2018 Twentieth Century Fox

(c)2018 Twentieth Century Fox

 ベネチア国際映画祭で審査員大賞と女優賞を受賞したのを皮切りに、ゴールデングローブ賞など数々の映画賞を受賞した「女王陛下のお気に入り」。先ごろ発表されたアカデミー賞でも作品賞、コールマンの主演女優賞を始め、最多10部門にノミネート!

【美しいエマ・ストーンの写真はこちら】

■孤独な女王とその寵愛を奪い合う2人の女

 18世紀初頭。ルイ14世が統治するフランスと交戦中のイングランド。揺れる国家と女王のアン(オリヴィア・コールマン)を、女王の幼なじみで女官長を務めるレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)が思うがままに操っていた。

 ある日、サラが絶大な権力を握る宮廷に、サラの従妹で上流階級から没落したアビゲイル(エマ・ストーン)がやってきて、召使として働くことになる。

 サラに気に入られ、侍女に昇格したアビゲイルだったが、彼女の中に生き残りをかけた野望が芽生え始める。夫が総指揮をとる戦争の継続をめぐる争いや国政のいざこざにサラが没頭しているうちに、アビゲイルは少しずつ女王の心をつかんでいくのだが……。

 本作に対する映画評論家らの意見は?(★4つで満点)

■渡辺祥子(映画評論家)
★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
女王は私の言うがまま、と自信満々のレディ・サラ。彼女を蹴落として女王の寵愛をモノにする、と身体を張る没落貴族の娘。美貌のなさが悔しいけど私は女王、何か文句ある?と我が道を行く女王。三者三様の身勝手が見どころ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい