梅沢富美男もしみじみ 昭和の香り漂う「キャバレー」消える (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅沢富美男もしみじみ 昭和の香り漂う「キャバレー」消える

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川明子週刊朝日
「ハリウッド」で歌い続けてきた山奈夕夏さん。ショーの最後に披露したのは八代亜紀さんの「もう一度逢いたい」だった(北千住ハリウッドで、撮影/写真部・加藤夏子)

「ハリウッド」で歌い続けてきた山奈夕夏さん。ショーの最後に披露したのは八代亜紀さんの「もう一度逢いたい」だった(北千住ハリウッドで、撮影/写真部・加藤夏子)

日本キャバレー史(週刊朝日 2019年2月1日号より)

日本キャバレー史(週刊朝日 2019年2月1日号より)

 北千住店で3年働いていたホステスのひよりさんも閉店を惜しむ一人だ。
 「昭和の懐かしい雰囲気が素敵で、ここで働きたくて他店から移籍してきました。働きながらショーや生演奏が見られるし、お客さんもいい人。安心して働けるいい店。閉店するという実感がまだわかないですね」

 若い頃、贔屓(ひいき)の客に連れられて「ハリウッド」に行き、きらびやかな店内に圧倒されたというのは梅沢富美男さん。ダンスを覚えたのもここ。フロアでかっこよく踊るおじさんを見て、「あんな風になりたい!」と思ったと振り返る。

「女の子相手に飲んでいるお客様に、いかに自分の歌を聴かせるか、どんなトークをすれば楽しんでもらえるか。有名になった歌手やバンドマンの中にはここで鍛えられた人も多い。そしてお客様も歌手のレコードを買ってあげたり、おひねりで応援してあげたりしてね」

「ハリウッド」では、かつて和田アキ子、山本リンダ、藤圭子、吉幾三などが舞台に立っていたという。

「こういう場所がどんどん減って寂しいと思っていたら、東京で最後に残ったハリウッドまでなくなってしまって。ああ、昭和も平成も終わってしまうんだなとしみじみ思います」(梅沢さん)

(取材・文/吉川明子)

週刊朝日  2019年2月1日号に加筆


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい