「薬を飲ませる」をおいしいご褒美にする!? 東大卒ママ「子どもの風邪」との付き合い方 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「薬を飲ませる」をおいしいご褒美にする!? 東大卒ママ「子どもの風邪」との付き合い方

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子週刊朝日#教育
杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

薬をのむとき、赤ちゃんの頃は何もわからず飲んでくれた。しかし、だんだんと物事を理解してくると「苦い」と嫌がることがある。そんなときは、薬を「おいしくさせてしまう」に限る(写真:getty images)

薬をのむとき、赤ちゃんの頃は何もわからず飲んでくれた。しかし、だんだんと物事を理解してくると「苦い」と嫌がることがある。そんなときは、薬を「おいしくさせてしまう」に限る(写真:getty images)

 うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や3歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。子どもは、最初は免疫が弱いので、しょっちゅう風邪をひきます。

*  *  *
 幼稚園や保育園にいくようになると、すぐに友達の風邪をもらってくるので、薬で苦労する人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、風邪のときに便利だったモノと、薬について書いてみます。

■鼻水をとる器具で、母親ののどにダメージ! 親子で共倒れ

 子どもは大人よりも、鼻と耳をつなぐ耳管が短く太いため、鼻水が耳のほうにいって中耳炎になりやすい性質があります。私の息子は普通よりもさらに短いらしく、頻繁に中耳炎になります。
 
 さらに、鼻がつまりやすい体質ということもありました。赤ちゃんの頃は自分で鼻水を出せないので、薬局に置いてある鼻を吸う器具をいろいろ試したのですが、なかなか「これだ!」と思えるものはありませんでした。

 母親がチューブから息を吸って鼻水をとる器具は、鼻水自体は真ん中のボトルにたまってくれますが、やはり母親ののどにダメージがきます。そもそも鼻水が風邪のウイルスを含んでいるので、当然といえば当然です。おかげで、親子ともども風邪をひいて倒れることがしょっちゅうでした。下にポンプがついていてペコペコ押して吸い取るものは、嫌がってじっとしてくれないので、なかなか吸えませんでした。

 そこで結局、電動の鼻吸い器を買うことにしました。少しお金はかかりますが、息子のしょっちゅう鼻がつまる体質と、母親も風邪のダメージをくらって病院にいくことを考えると、買ってよかったと思えます。

 病院からは「持ち運びが可能なもの(少しお安い)は吸引力が弱いからおススメしない」と言われたので、結局は1万5千円ほどのものを買ったのですが……嫌がっていても鼻に先端のシリコーンチューブさえ入れてしまえば鼻水を簡単に吸引できるので、かなりラクになりました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい