ペイペイ狂想曲は間もなく終息する?!キャンペーン合戦の意外な勝者 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ペイペイ狂想曲は間もなく終息する?!キャンペーン合戦の意外な勝者

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
ペイペイの登録画面。大規模キャンペーン中だ

ペイペイの登録画面。大規模キャンペーン中だ

主なQR決済スマホアプリ

主なQR決済スマホアプリ


「利用者の皆さまにはご迷惑をおかけしました」

 サービス開始早々、利用者が急増しているソフトバンクとヤフーの合弁会社のQR決済サービス「PayPay(ペイペイ)」。初日の4日、システム障害が2度発生し、8日にもメンテナンスのためにシステムを一時停止させた。想像以上に、大規模キャンペーン“100億円あげちゃうキャンペーン”の反響が大きかったようだ。

【どれが便利?主なQR決済スマホアプリを徹底比較!】

「新規登録するだけで、タダで500円をもらえるので、とりあえず入れてみようと思ったのでしょう」

 と話すのは消費生活評論家の岩田昭男さんだ。ペイペイが新規ユーザーを獲得するために実施している大型キャンペーンは、まず登録時に500円分がチャージされる。

 これだけではない。対応する店舗でペイペイを使って支払いすれば、月最大5万円分まで料金の20%分が還元される。

 QR決済は、QRコードを利用したアプリで、買い物の支払いを済ますサービスだ。実際の決済は大まかに、お金をアプリ内の個人アカウントにチャージして払う、クレジットカードを登録して使用するという二つ。金をチャージするには、コンビニで一定額を入れる、銀行口座を登録して連結させる方法がある。

 現金を使用しない点ではクレジットカードと同じだが、支払いでのサイン記入やパスワード入力などの煩わしさがないというメリットがある。

「QR決済は、消費税増税時の5%還元の対象。追い風が吹いています」(岩田さん)

 インバウンド消費の増加に伴い、中国のQR決済サービス「Alipay(アリペイ)」などがコンビニや百貨店で導入されているが、あくまで中国人観光客向け。日本でも政府が本格的に“キャッシュレス社会”を推進させようとしている。QR決済の普及はその流れの中にあるのだ。

 話題沸騰中のペイペイだが、この分野では後発組。だからこそ、大規模キャンペーンで新規ユーザー獲得と囲い込みを狙っているのだ。LINE Pay(ラインペイ)、楽天Pay(楽天ペイ)、Origami Pay(オリガミペイ)、d払いなどが先行。それぞれ独自のキャンペーンを展開している。

 


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい