もっと納豆をおいしく! 本場・水戸の居酒屋レシピ4選 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

もっと納豆をおいしく! 本場・水戸の居酒屋レシピ4選

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
今年10月に創業70年を迎えただるま食品(茨城県水戸市)。売り上げの約半分を占めるという、わら納豆づくりの現場を、見せてもらった(写真/大野洋介)

今年10月に創業70年を迎えただるま食品(茨城県水戸市)。売り上げの約半分を占めるという、わら納豆づくりの現場を、見せてもらった(写真/大野洋介)

■納豆チャーハン
【材料(1~2人分)】
干し海老…5g しらす干し…15g 長ネギ(みじん切り)…15g 納豆…30g ごはん…250g 油…適量 塩・こしょう…適量 しょうゆ…適量

【作り方】
(1) 油をひいた中華鍋に干し海老、しらす干し、長ネギ、納豆を入れて軽く炒める。
(2) 香りが出たらごはんをほぐし入れ、塩・こしょうで味を調え、最後にしょうゆを入れて香りをつける。

[感想]納豆の粘り気は熱を加えることで減少する。タンパク質分解酵素・ナットウキナーゼなど、ネバネバに含まれる栄養成分は多少減るが、粘り気が苦手な人には食べやすくなる。「てんまさ」ではみそ汁付きで600円(税抜き)。

■納豆オムレツ
【材料(1人分)】
卵…2個 納豆…20g 長ネギ(みじん切り)…10g 塩…少々 油…適量 ケチャップ…お好みで

【作り方】
(1) 卵、納豆、長ネギ、塩を混ぜ合わせる。
(2) フライパンに油を熱し、(1)を流し入れオムレツを作る。
(3) お好みでケチャップをかける。

[感想]卵のかたさはお好みだが、納豆の粘り気には半熟がマッチする。朝食の定番になりそう。「てんまさ」では400円(税抜き)。

■納豆アイス
【材料】
納豆…適量 バニラアイス…適量

【作り方】
納豆をよく混ぜ、バニラアイスと混ぜる。

[感想]試食会では「マズイ」と言った人はいなかったが、「一緒に食べる意味がわからない」「別々に食べたほうがおいしい」という感想多数。納豆とアイスを混ぜた後に再度冷凍庫で固めると、納豆がシャーベット状になっておいしかった。

(取材・構成/本誌・野村美絵)

※週刊朝日2018年11月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい